編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

NEC、オフィス向け顔認証ソリューションを拡充

ZDNet Japan Staff

2019-07-23 11:00

 NECは7月23日、顔認証エンジン「NeoFace」を採用した「顔認証ソリューション for オフィス」の強化を発表した。クラウド管理機能を強化するほか、パートナーとの共同ソリューションも拡大させ、同日から順次提供していく。

 同社サービスの強化としては、「NeoFace 顔情報マネジメントサービス」と「NeoFace 顔登録 Webサービス」を提供する。

 NeoFace 顔情報マネジメントサービスは、認証に必要な顔情報の管理と入退管理などの各種システムと情報共有を行う機能を提供するもので、7月26日からこれにポータル管理画面を追加する。これにより、共有している顔情報や登録内容の一覧、システムごとの共有状況を管理画面で確認でき、運用管理者の負担を軽減する。和歌山県で行われた「IoT おもてなしサービス実証」や、NECのユーザーカンファレンス「C&C ユーザーフォーラム&iEXPO 2018」などでの成果を商用化したという。

「NeoFace 顔情報マネジメントサービス」のダッシュボードのイメージ(出典:NEC)
「NeoFace 顔情報マネジメントサービス」のダッシュボードのイメージ(出典:NEC)

 一方、NeoFace 顔登録 Webサービスでは、ユーザー自身がスマートフォンなどで撮影した顔画像をクラウド上に登録したり、蓄積したりすることで、各種の顔認証システムの利用を容易にするという。9月下旬に提供を開始する。

「NeoFace 顔登録 Webサービス」のイメージ(同)
「NeoFace 顔登録 Webサービス」のイメージ(同)

 パートナーとの共同ソリューションでは、新たにアイホンと「IP ネットワーク対応インターホンIX システム」を提供するほか、オービックビジネスコンサルタントと提供する「奉行Edge 勤怠管理クラウド」では、顔認証による出退勤情報の連携を強化した。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]