編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

クックパッド、エンドポイントセキュリティ基盤を導入

NO BUDGET

2019-07-24 16:06

 クックパッドは、エンドポイントセキュリティソリューションとして人工知能(AI)を活用した「CrowdStrike Falconプラットフォーム」を採用した。CrowdStrike Japanが発表した。

 今回クックパッドは、CrowdStrikeの次世代アンチウイルスソリューションとなる「CrowdStrike Falcon Prevent」、EDR(エンドポイント検知対応)ソリューション「CrowdStrike Falcon Insight」、顧客の環境においてプロアクティブな脅威ハンティングを行う「CrowdStrike Falcon OverWatch」を導入した。

 CrowdStrike Falconでは、エンドポイント上の悪意ある行動を迅速に調査し、識別することができる。これにより、システム環境の迅速なトリアージが可能になり、処理手順とタイムラインを迅速にバックトラックすることで、迅速な修復が可能になる。また、CrowdStrike Falcon OverWatchの採用によって、悪意のある脅威と思われる事象を発見の際は通知が行われるようになった。

 クックパッドでは、今回の導入を通じて脅威の誤検知を激減させ、素早くエンドポイントの状況を把握し、迅速な調査や不正な通信か否かの判断が迅速に行えるようになったとしている。CrowdStrike Falconプラットフォームの導入後は、これまで難しかったイベントの動きの把握や詳細な調査が実現できるようになったことに大きなメリットだという。同プラットフォームは社内のネットワーク内の端末と同じように社外の端末も脅威から守るだけではなく追跡調査も可能なため、オフィス外での業務も安心して利用を認めることができるとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]