編集部からのお知らせ
コロナ禍とIT投資
「ニューノーマルとIT」新着記事一覧

ユーアイパス、RPA活用のマーケットプレイスを日本語対応--顧客100社でAI×RPAの実証も

藤本和彦 (編集部)

2019-07-31 07:00

 RPA(ロボティックプロセスオートメーション)基盤を提供するUiPathは7月30日、AI(人工知能)戦略に関する記者説明会を開催した。国内外でAIの研究開発を進める企業と連携を強化し、RPAとAIを組み合わせたソリューションの提供を強化していく。

 RPA活用のマーケットプレイス「UiPath Go!」の日本語対応を進めており、同日に提供を開始した。ソフトウェアロボット用の再利用可能な部品が、パートナー各社から提供されている。現時点でおよそ50個のコンポーネントが日本語化されており、そのうちの11個はAI-OCR(AI技術を取り入れた光学文字認識)や画像認識などのAIを利用したものになる。グローバルでは600個ほどが用意されており、順次対応を進めるとともに、日本独自のものも増やしていくという。

 パートナー戦略としては、「UiPathテクノロジーパートナープログラム」を国内で開始する。グローバルでは、Microsoft、IBM、Googleなど170社以上が参加するパートナープログラムであり、これを国内向けに展開する。パートナー企業は、無料の開発用ライセンスやトレーニングなど、ソリューションの開発、テスト、認証のための環境が提供される。連携ソリューションはUiPath Go!で提供され、同社公認の「trusted」マークが付与される。

 「UiPath Go!は、RPAを使う人がAIも使いこなせるようにする仕組みだ。PythonなどのAI開発技術を知らなくても、パートナー企業の最新ソリューションを簡単に見つけ出し、RPAとつなぎ合わせて効果を最大化できる」(UiPath 代表取締役CEOの長谷川康一氏)

 Petuum、BEDORE、ABEJAなど、AI関連技術を持つ35社がパートナー企業として参加し、顧客100社を対象にRPAとAIを組み合わせた業務自動化の実証実験に取り組んでいく。

 会見では、RPAワークフローにさまざまなAIモデルの実装を可能にする基盤製品「AI Fabric」の提供も明らかにされた。UiPathで開発したソフトウェアロボットに、パートナー企業やユーザー企業が構築したAIモデルを実装し、運用・学習のサイクルを管理できるようにするものになる。

 「RPAとAIを活用して、現場から業務の自動化を進めたい。RPAを日本を代表するデジタル産業に成長させていく」と長谷川氏は強調した。

(左から)ABEJA 取締役 CPOの菊池佑太氏、Petuum Product ManagerのMichael Chu氏、UiPath代表取締役CEOの長谷川康一氏、UiPath AI製品統括責任者のPrabhdeep Singh氏、PKSHA Technology 事業責任者 兼 BEDORE 代表取締役の下村勇介氏
(左から)ABEJA 取締役 CPOの菊池佑太氏、Petuum Product ManagerのMichael Chu氏、UiPath代表取締役CEOの長谷川康一氏、UiPath AI製品統括責任者のPrabhdeep Singh氏、PKSHA Technology 事業責任者 兼 BEDORE 代表取締役の下村勇介氏

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]