編集部からのお知らせ
「サイバー防衛」動向の記事まとめ
「半導体動向」記事まとめ

PowerPointがMicrosoft Streamに対応--「Office 365」更新動向【1907版】 - (page 2)

阿久津良和

2019-08-02 06:45

 Outlook固有の変更点は、検索ボックスに人名やメールアドレスを入力すると関連性の高いメッセージが現れるようになった。Microsoftの説明によれば、「project」を検索した場合、「project」「projects」「projector」「projecting」を含むメッセージがヒットする。検索結果はハイライト表示されるため、メールの振り分けといった作業がさらに不要になりそうだ。

 Office 365関連の話題として承知していただきたいのが、Skype for Business Onlineの提供が2021年7月21日で終了する点だ。Microsoftは米国時間7月31日にブログを通じて発表し、2017年から提供を開始したMicrosoft Teamsへの移行を強くうながしている。

 現在社内のコミュニケーションツールとしてSkype for Businessを利用している企業の担当者は移行スケジュールに着手すべきだろう。オンプレミス版であるSkype for Business Serverは影響を受けない。

Mac版を含むその他の更新

 バージョン16.27(ビルド19071500)に更新したMac版だが、リリースノートによれば、OneDriveやOneDrive for Businessに格納したファイルをOutlookの添付ファイルとして利用可能になり、メールメッセージのダークモードをサポートした。使用にはmacOS Mojaveが必要となる。

 バージョン2.27(19070901)に更新したiOS版は、Excelに配列式を入力するだけで配列数式を作成する機能とともに、FILTERやSORT、SORTBY、UNIQUE、SEQUENCE、RANDARRAYといった関数のサポートが加わった。Outlookには、共有メールボックスのサポートと、選択したメールを未読もしくはフラグを付与する機能を追加している。

 バージョン16.0.11901.20110に更新したAndroid版ExcelもiOS版と同様の機能が加わり、Outlookにはカレンダーの配色や人物情報を確認するカードへの対応、iOS版と同じ共有メールボックスのサポートが加わった。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]