編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

よく使うアプリを見つけやすく--Win10スタートメニューに番号付きショートカット

ZDNet Japan Staff

2019-08-04 08:00

 筆者は以前、「『Windows 10』で『Start』メニューをカスタマイズ--昔のようなシンプルさを取り戻す」という記事で、「All Apps」(すべてのアプリ)リストが左側に表示される「Windows 10 Anniversary Update」の新Startメニューをカスタマイズして、旧Startメニューの機能性を大幅に向上させたバージョンを作り出す方法を紹介した。

 図Aのように、タイルをすべて削除した後、Startメニューをリサイズすると、スクロール可能なAll Appsリストと「Most Used」(よく使うアプリ)リストから、すべてのアプリケーションに簡単にアクセスできるようになる。

図A:簡素化したStartメニューの外観と挙動は旧Startメニューにそっくりだ。
図A:簡素化したStartメニューの外観と挙動は旧Startメニューにそっくりだ。

 その記事を執筆してからも、筆者は旧Startメニューをシミュレートしたこのメニューをさらに改善する方法を模索していた。そして、先日、探していたものを見つけた。Recently AddedとMost Usedのセクションを無効化した後、アプリケーションのショートカットに番号をつけることで、前回カスタマイズしたStartメニューをさらに改善することができた。詳しく説明しよう。

(本記事は、TechRepublic Japanで2016年10月24日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]