AIがもたらす衝撃は領域で異なる--AI科学者が語る第3次AIブームの今 - (page 4)

阿久津良和

2019-08-06 06:45

 もう1つの目標としては、新製品の開発。実現するには初期段階で事業部側と顧客先を訪れ、顧客需要を把握することが重要だ。顧客需要と技術の交点を探り、理解した上で製品開発につなげていく。

 リサーチコミュニティーの間では、人を中心に考える「人間思考のAI」という動きが出ている。単純な技術開発だけではなく、人の需要を踏まえたAI開発に取り組み、使い勝手を改善していくというものだ。人の意思決定プロセスに役立つAIシステムを開発する際、確信度スコアを用いるだけでは十分ではない。AIシステムが提示した結果をもとに人がアクションできるような設計思想を持つ必要がある。

 私個人としては、素晴らしい経験を得ている。研究だけでは最終的なサービスが直面する課題は見えず、何がビジネスに影響を与えるのか、顧客需要も分からない。一方でAIコミュニティーとは強いコネクションを持っているので、新たなイノベーションを素早く見つけ、スムーズに事業へ展開することを目指している。

Appier チーフAIサイエンティスト Min Sun氏
Appier チーフAIサイエンティスト Min Sun氏

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

注目している大規模言語モデル(LLM)を教えてください

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]