編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

IT黎明期を彩った懐かしのハード&ソフトをノスタルジックに振り返る - 7/11

Eileen Brown (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2019-08-12 07:00

フロッピーディスク

 IBM互換機用のOSは、大抵の場合、5.25インチのフロッピーディスク1枚に収められていた。フロッピーディスクドライブは2台あったため、1台をデータやアプリケーションで使用し、もう1台をOSで使用するのが一般的だった。ディスク1枚の容量が1MBもあったため、ストレージ空間が不足することはないと考えられていた。

フロッピーディスク

 IBM互換機用のOSは、大抵の場合、5.25インチのフロッピーディスク1枚に収められていた。フロッピーディスクドライブは2台あったため、1台をデータやアプリケーションで使用し、もう1台をOSで使用するのが一般的だった。ディスク1枚の容量が1MBもあったため、ストレージ空間が不足することはないと考えられていた。

提供:Douglas Milewski

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]