編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

「Windows Terminal」新プレビュー版リリース--「大規模」なアップデート

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-08-07 12:27

 Microsoftが、「Windows Terminal」の新たなプレビュー版(v0.3)をリリースしている。このコマンドラインインターフェースは、「Windowsコマンドプロンプト」や「PowerShell」を使用している開発者に最新かつ最高のエクスペリエンスをもたらすものだ。

Microsoft
提供:Microsoft

 Windows Terminalは、コマンドプロンプト、PowerShell、「Windows Subsystem for Linux」(WSL)などを使う開発者向けのターミナルアプリケーションで、5月の「Build 2019」で発表された。6月には、プレビュー版が「Microsoft Store」に登場した。

 Terminalアプリの最新版は、Microsoft Storeで提供されている。GitHubのMicrosoftによるReleasesのページでも入手できる。

 v0.3では、マウスポインターがタイトルバー上のどこにある場合でも、Terminalウィンドウをドラッグできるようにインターフェースが改善された。

 タイトルバー自体もアップデートされている。ドロップダウンボタンの色とサイズが変更され、最後にオープンしたタブのすぐ右側に配置されるようになった。また、最小化/最大化/閉じるボタンの色も新しくなった。

 Windows Terminal, Console and Command-Line担当プログラムマネージャーのKayla Cinnamon氏によると、Terminalは「Windows Narrator」のようなツールを使用可能にするためのアクセシビリティ機能の一部を統合しているため、Terminalのユーザーインターフェース用コントロールやテキスト内容との「やり取りやナビゲーション、ナレーション」が可能になっているという。

 Cinnamon氏は、この新しいアクセシビリティ機能はまだ実装の初期段階にあると説明している。それでも、今回のアップデートは「大規模」だと述べている。

 Terminalのユーザーは、プロファイルごとにタブのタイトルを設定で指定できるようになった。こういったタブは、シェルによって提供されるタブより優先され、プロファイル間の違いが容易に識別できるようになるはずだ。

 背景となる画像などの設定にも選択肢が増えており、アクリル効果を加えた背景だけでなく、画面上のどこにでも背景画像を配置できるようになった。

 さらにT、「Microsoft Azure」へのシェルアクセスを提供するブラウザベースのコマンドライン環境「Azure Cloud Shell」に接続できるようにもなった。

 この機能は、すべてのユーザーのプロファイル一覧にデフォルトプロファイルとして追加されており、これによりWindows Terminalを介して、Azureクラウド上に格納されているファイルやプロジェクトにアクセスできるようになっている。Microsoftは、Azure Cloud Shellコネクターについてさらに詳細な情報を提供している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]