編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
日本株展望

史上最強の積立投資は株価急落に強い!?--複利×ドルコスト×リターンの効果を日米で比べてみた

ZDNet Japan Staff

2019-08-09 10:43

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 長期的な時間軸で比較検証する内外株式リターン
  2. 為替変動リスクを織り込んだ円換算パフォーマンスでは?
  3. 日米株式の積立投資効果を長期市場実績で比較する

 これら3点について、楽天証券経済研究所チーフグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

長期的な時間軸で比較検証する内外株式リターン

 世界市場は、米金融政策を巡る不透明感とトランプ大統領による対中関税第4弾発令に伴う貿易摩擦激化不安で動揺。米国株下落を引き金にしたリスク回避姿勢の強まりが、米国債利回り低下を介してドル安・円高につながり、国内市場も先物主導の売りで日経平均は2万1000円割れまで下落した。投資家の中には、外部環境の悪化や市場心理の冷え込みを前に、「株式資産の状況を見るのが怖い」という方も増えているようだ。

 望ましくない投資行動としては、「下がると怖いので売り、上がると焦って買う」を繰り返し、市場が乱高下するなかで資産を減らしてしまうことが挙げられる。最近株価を急落させたのはパウエルFRB(米連邦準備制度理事会)議長やトランプ大統領の発言の影響である。投資対象が国内株式のみで短期売買に終始して「実現損」を繰り返しているとすれば「もったいない」としか言いようがない。

 こうした中、市場参加者の一喜一憂に左右されない投資法として注目されているのが、米国市場を中心とする長期グローバル投資だ。図表1は、日本株式、外国株式、米国株式の長期総収益(ドルベースの配当込みリターン)を比較したものである。

 平成元年(1989年初)を100とした場合の国内株式(TOPIX)はいまだマイナス圏であるが、外国株式は約14.9倍、米国株式は約19.4倍に成長してきた。株式の短期的な変動をノイズ(雑音)と認識し、長期の視野で「グローバル積立投資」を検討する好機にしたいと考えている。

図表1:内外株式のパフォーマンス(総収益指数/1989年初来)を比較

*米国株式と外国株式の総収益指数は配当込みドルベース、(出所)Bloombergより楽天証券経済研究所作成(2019年7月末)
*米国株式と外国株式の総収益指数は配当込みドルベース、(出所)Bloombergより楽天証券経済研究所作成(2019年7月末)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]