編集部からのお知らせ
Pick up! ローコード開発の行方
「これからの企業IT」の記事はこちら
日本株展望

第4次産業革命の進展で活況、最高益が続くシステムインテグレーター

ZDNet Japan Staff

2019-08-15 11:01

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 次々と新しいITサービスが生まれて成長
  2. ITインフラ構築が急務
  3. 最高益更新が続くシステムインテグレーター
  4. 第4次産業革命の進展で、システムインテグレーターの繁忙続く

 これら4点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

次々と新しいITサービスが生まれて成長

 21世紀の成長産業筆頭として、ITサービス産業がある。IT(情報技術)を活用した新しいサービスが、私たちの生活・産業構造を一変させつつある。そこから、多くの成長企業が生まれている。

 Eコマース、SNS、フィンテック(金融新技術)、仮想通貨(デジタル資産)、ネット広告、VRゲーム、音楽配信、人材紹介、介護ロボット、医療ロボット、チャットボット(問い合わせへの自動応答)、スマートコンストラクション(ITを活用した建設土木)、スマート農業(ITを活用した農業)、自動運転、シェアリングサービス(自動車、自転車などの共同利用サービス)など、さまざまな成長分野が出てきている。これに伴い、ITインフラの構築・高度化が喫緊の課題となっている。

ITインフラ構築が急務

 ITサービスの進化は、それを支えるITインフラが整っていて初めて実現するものである。高速大容量の通信ネットワーク・データセンターなどの社会インフラに加え、個々の企業レベルでも社内ネットワークを構築する必要がある。

 社内ネットワークの構築は、民間大企業から先に進んだ。中小企業や官公庁は、相対的に遅れていた。ところが、2016年から、中小企業や官公庁でも、ITインフラ整備が待ったなしとなった。2016年から導入された、マイナンバー制度が起爆剤となった。ITを使った業務効率化が、官公庁や中小企業にも広がってきている。

 人手不足も、この流れを後押しする。小売業や外食業では、店舗オペレーション効率化のためのIT投資が待ったなしになっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    社員の生産性を約2倍まで向上、注目の企業事例から学ぶDX成功のポイント

  2. コミュニケーション

    真の顧客理解でCX向上を実現、いまさら聞けない「データドリブンマーケティング」入門

  3. クラウドコンピューティング

    家庭向けIoT製品の普及とともに拡大するセキュリティとプライバシー問題─解決策を知ろう

  4. クラウドコンピューティング

    クラウドの障害対策を徹底解説!4つの方法とメリット、デメリット

  5. セキュリティ

    サイバー犯罪の標的となるMicrosoft製品、2019年に悪用された脆弱性リストからの考察

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]