編集部からのお知らせ
新着 記事まとめPDF「データセンター分散化」
記事まとめPDF「日本のスタートアップ」

NTTテクノクロス、新画像データ転送サービス--動画向け規格活用、8K超の高解像度も

藤代格 (編集部)

2019-08-21 07:00

 NTTテクノクロス(港区)は8月19日、膨大な画像データをモバイル通信などでも高速かつ効率的に転送できる「SmartFileUploader」を発表した。映像圧縮技術の国際標準規格である「HEVC(High Efficiency Video Coding)」を静止画向けに採用。8K(7680×4320画素)を超える画像にも対応し、転送時間を短縮するという。同日から提供する。

 NTT研究所が開発、4K/8K配信サービスなどに活用する画像圧縮ライブラリに静止画に特化してチューニング。8K以上の画像に対応し、JPEG方式で圧縮した画像データを高画質のまま約10分の1以下に圧縮できるという。近日中にTIFF(非圧縮データ)にも対応。圧縮率を下げ、画質を完全に復元できる可逆圧縮機能も搭載するとしている。

 クラウドストレージ「Box」経由で利用。ファイルの転送、圧縮処理を同時実行でき、転送時間を大幅に短縮できるという。クラウドストレージからのダウンロード、元の画像フォーマットへの復元の自動実行も可能。効率的に作業を進められるとしている。対応するクラウドストレージと画像フォーマットは要望に応じてカスタマイズ可能。

サービス概要イメージ(出典:NTTテクノクロス)
サービス概要イメージ(出典:NTTテクノクロス)

 税別年額利用料金は、アップロードアプリ、ダウンロードアプリともに1ライセンスにつき2万4000円。クラウドストレージはユーザー自身で契約が必要。

 対応するクラウドストレージ、フォーマットは要望に応じてカスタマイズ可能。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]