「Evernote」だから簡単にできる--1on1ミーティング記録術 - (page 2)

池田園子

2019-08-28 07:30

 テンプレートを選択すると、本文内に自動的に挿入される。

本文内に自動挿入されたテンプレート

 進捗を数字でチェックする枠もあり、とても使いやすい仕様になっている。

進捗を数字でチェックする枠もある

 1on1中に話したことや互いの気付きなどは、本文内の余白部分に適宜書き込んでいく。テンプレートを入れ込んでも、本文に自由に書き込めたり、テンプレート自体をカスタマイズできたりするのも、Evernoteの魅力だろう。

1on1ミーティング記録におすすめのテンプレートその2

 テンプレートギャラリーの「自己管理」内にある「振り返りと軌道修正」も、1o1ミーティング記録に使ってほしいテンプレートのひとつ。はじめに1カ月の目標を設定し、何をしてきて何が上手くいったのか、何が上手くいかなかったのか、1週間(5営業日)ごとに整理するのにちょうどいい内容になっている。

「振り返りと軌道修正」テンプレート

 こちらは1週間が終わったタイミングで、部下に書いてもらうようにするといいだろう。「来週始めること/やめること/続けること」を書く欄もあり、自分がやってきたことを真剣に振り返るのに役立つ。

1on1用タグを設定して検索しやすくする

 1on1ミーティングの記録をとったら、最後にタグを入れるといい。「1on1」や「2019年◯月1on1」などと、取り出しやすいようなタグを設定するのがおすすめだ。部下の氏名を入れても良いだろう。

タグを設定

 タグで管理しておくと、管理者である自分はもちろん、部下も情報にアクセスしやすくなるメリットがある。膨大な情報の中から、今自分が求める情報を取り出しやすくする――さまざまな情報を格納しているEvernoteを使いこなすなら、この前提を大事にしてほしい。

 部下との1on1ミーティングは、部下を成長させるだけではなく、部下との対話を通じてマネジメント役である自分を見つめ、自分を成長させることにもつながる重要な場だ。そこで話したこと、考えたことを記録し、1カ月後、あるいは数カ月後に見返して、互いに進化を感じられたら最高だ。双方のモチベーションアップにもつながるはず。

 1on1ミーティング記録にEvernoteを取り入れてみてはいかがだろうか。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]