マイクロソフト、オープンソース界のベテラン、ストーミー・ピーターズ氏を雇用

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-08-26 10:27

 Microsoftは同社のOpen Source Programs Officeの責任者として、長きにわたってオープンソースの擁護者であるStormy Peters氏を雇用した。Peters氏が米国時間8月22日、Twitterで明らかにした。

提供:Stormy Peters
提供:Stormy Peters

 LinkedInのPeters氏のプロフィールによると、同氏は2016年11月~2019年8月までRed Hatのコミュニティーチームのシニアマネージャーを務めた後、同年8月にOpen Source Programs OfficeのディレクターとしてMicrosoftに加わった。同氏はコロラド州バーサッドを拠点としている。

 Red Hatは2018年10月、IBMによる買収が発表された。

 2015年の終わりまで、「Microsoft Azure」がサポートするLinuxディストリビューションのリストにはRed HatのOSが挙げられていない状態が続いていた(「Ubuntu」や「CentOS」「Oracle Linux」「SUSE Linux Enterprise」「openSUSE」といった他のディストリビューションはその時点で既にサポートされていた)。そして2015年11月、MicrosoftとRed Hatは両社間の特許に関する合意をともなう提携を発表した。2017年には提携を拡大し、Red Hatの「OpenShift Container Platform」での「Windows Server」コンテナ、「Microsoft Azure」での「Red Hat OpenShift Dedicated」のネイティブサポートなどを追加した。「Build 2019」では、さらなる連携が発表されている。

 Peters氏は、貧困層の子どもたちのために、学校にコンピューターラボを設置することを目的とした非営利組織であるKids on Computers(KOC)の創設者兼ディレクターだ。また、2015年から現在に至るまで、Mozillaのオープンソース支援プログラム「Mozilla Open Source Support」(MOSS)の選抜委員会(Selection Committee)にも名を連ねている。

 同氏のWikipediaのプロフィールによると、同氏は2008年時点でGNOMEプロジェクトの推進を目的とする財団GNOME Foundationのエグゼクティブディレクターに就任している。

 Microsoftはオープンソースへの投資を続けている。21日には、The Linux Foundationが管理する「Confidential Computing Consortium」への参加を発表した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]