編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら
調査

2018年度のコンテンツ・コラボレーション市場は前年度比12.7%増--ITR調査

NO BUDGET

2019-08-27 12:33

 ITRは8月22日、国内のコンテンツ・コラボレーション市場規模の推移および予測を発表した。これによると、同市場の2018年度の売上金額は278億9000万円、前年度比12.7%増となった。市場に影響力のある上位ベンダーを含め、市場を構成するほとんどのベンダーが売り上げを伸ばしており、同市場をパッケージとSaaSに分類した提供形態別に見ると、2018年度のSaaSは前年度比17.7%増、パッケージは同5.8%増となっている。また同市場の年平均成長率(CAGR:2018〜2023年度)は7.2%、2023年度には400億円規模に拡大すると予測している。

コンテンツ・コラボレーション市場規模推移および予測:提供形態別(2017〜2023年度予測)
コンテンツ・コラボレーション市場規模推移および予測:提供形態別(2017〜2023年度予測)

 コンテンツ・コラボレーションについてITRでは、業務で利用する文書ファイルをはじめとする各種コンテンツをサーバーまたはクラウド上で共有し、その閲覧や編集、共同作業などを実現するECM(Enterprise Contents Management)、文書管理、オンラインファイル共有の製品・サービスとしている。

 製品分野別に見ると、ECM/文書管理は、機密性の高い文書を大量に管理する必要がある一部の企業ではパッケージ製品が導入される傾向があるが、全体としてはSaaSへの移行が進んでいるという。現状では、SaaSでの提供ベンダー数は少ないものの、ほぼ市場を独占しているトップベンダーが堅調に伸長し、業種や企業規模を問わず導入が進むことが予想される。

 また、オンラインファイル共有の大多数はSaaSで提供されており、スマートデバイスからのファイル利用や取引先とのファイル交換用途など、クラウド環境の利便性により年々需要が増しているという。さらに一部のサービスは文書の版管理機能やワークフロー機能を持つものもあり、ECM/文書管理の代替としての利用も増えつつあるとした。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]