編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
企業決算

HPE、第3四半期決算を発表--通期EPS見通しが予想上回る

Natalie Gagliordi (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-08-28 12:37

 Hewlett Packard Enterprise(HPE)は米国時間8月27日、2019会計年度第3四半期決算(7月31日締め)を発表した。売上高はアナリストらの予想を下回ったが、同社は今回、通期のEPS見通しを引き上げた。

HPE

 第3四半期の売上高は前年同期比7%減の72億ドル(約7614億円)、純損失は2700万ドル(約28億6000万円)、1株あたりでは2セントとなった。また、非GAAPベースの1株あたり利益は45セントだった。

 アナリストらは第3四半期の売上高を72億6000万ドル(約7680億円)、非GAAPベースの1株あたり利益を40セントと予想していた。

 アナリストらは第4四半期の展望として、売上高は75億2000万ドル(約7955億円)、1株あたり利益は少なくとも44セントになると予想している。これに対してHPEは、第4四半期の非GAAPベースの1株あたり利益が43〜47セントになるとしている。通期で見た場合、同社は非GAAPベースのEPSがアナリスト予想の1株当たり1.67ドルを上回る、1.72〜1.76ドルになると予想している。

 決算報告書によると、ハイブリッドITグループにおける同四半期の売上高は前年同期比9%減の55億ドル(約5818億円)となった。コンピュート関連の売上高は前期比で2%増となっている。また、インテリジェントエッジ製品の売上高は7億6200万ドル(約806億円)であり、金融サービスの売上高は前年同期の9億2800万ドル(約982億円)から8億8800万ドル(約939億円)に低下している。

 「Nimble Storage」の売上高は前年同期比21%増、「Pointnext」と「Nimble」サービスの注文はいずれも3%増。「Aruba」製品の売上高は4%減、Arubaサービスの売上高は16%増となった。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]