編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「ローカル5G」

富士通とエヌビディアが協業強化--PCサーバーとのコラボプログラムを開始

NO BUDGET

2019-08-30 17:39

 富士通とエヌビディアは8月28日、グラフィックスカード内蔵型のサーバーやハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)、人工知能(AI)、仮想デスクトップ基盤(VDI)など、PCサーバー事業における幅広い分野で協業を強化すると発表した。

 両社は、GPUコンピューティング向けのプラットフォーム導入を支援する「FUJITSU Server PRIMERGY/NVIDIA コラボレーションプログラム」を開始する。同プログラムでは、GPUコンピューティングの導入サポートやNVIDIA製GPU対応の製品ラインアップを拡充する。

 導入サポートでは、FUJITSU Server PRIMERGY/NVIDIA コラボレーションセンターを共同で開設する。同センターでは、検証用サーバーを常時配備し、両社のサポート専任者がGPU導入によるPCサーバーの性能検証テストを実施する。またユーザーがNVIDIA製GPUを搭載したPCサーバーを導入するに当たり、必要なソフトウェアの設定作業からテスト結果の妥当性の検証までを一貫してサポートする。

 製品ラインアップの拡充では、富士通が「NVIDIA GRID 仮想PC for Windows 10」の提供を開始する。同製品は、VDI環境において「Windows 10」の画像処理に対応するGPU仮想化向けのグラフィックスカード「NVIDIA Tesla M10」に、VDIヘのGPUリソースの割り当てを制御する「GRIDソフトウェア」をバンドルしたもの。

 また富士通は、PCサーバー「PRIMERGY RX2530 M5」「同 RX2540 M5」を、エヌビディアによるNGC-Ready認証を受けた構成で提供する。同構成では、「NVIDIA T4」を搭載する。

 NVIDIA GRID 仮想PC for Windows 10はオープン価格。FUJITSU Server PRIMERGY RX2530 M5は税別131万4800円から。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]