編集部からのお知らせ
動画セミナー「Security Trend Winter」公開中!
最新記事まとめ「ローカル5G」

ファナック、日立、ドコモ、製造現場の高度化に向け5G活用を共同検討

NO BUDGET

2019-09-05 06:00

 ファナックと日立製作所、NTTドコモは、5G(第5世代移動通信方式)を活用した製造現場の高度化に向けて共同検討を開始すると発表した。

 3社は共同検討の第一弾として、ファナックの本社工場(山梨県忍野村)および日立の大みか事業所(茨城県日立市)の製造現場で5Gの電波伝搬測定および伝送実験を開始し、工場およびプラントでの生産制御システムに必要な高信頼ネットワークにおける5G活用を検証する。

 また、ファナックの自社工場では産業機器(CNC装置、ロボット、工作機械、センサーなど)との5G接続および無線制御の検証をするほか、日立の大みか事業所内では制御ネットワークへの適用性検討や高精細映像のリアルタイム共有などによる遠隔保守作業支援の検証をする。

 ドコモは、各工場内を5Gネットワークでつなぐことにより、各機械やセンサーから得られるデータを可視化し、活用するなど、スマートファクトリーの実現に取り組む。「ゆらぎのない安定した低遅延」など厳しい要求条件が想定される工場・プラント内での5G活用に向け、一般ユーザーが接続するネットワークと産業向けに特化されたネットワークをいかに連携するかなども含め、最適なネットワーク環境を実現できるよう、検討を進める。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]