編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

Power BI、PowerApps、Flowを「Power Platform」に統合するMSの狙い

ZDNet Japan Staff

2019-09-07 08:00

 さかのぼること1990年代後半、われわれがもっぱら話題にしていたのは、後に「4GL」として知られるようになる第4世代言語だ。これらのプログラミング言語は、ミニコンピューターやメインフレームのデータを取り込んでデスクトップアプリケーションを開発できる統合的な拡張レイヤーだった。このような初期のクライアント/サーバー型アプリケーションは、グリーンディスプレイに表示されていたデータをインタラクティブなウィンドウから扱えるようにすることで、企業のビジネスのやり方に変化をもたらした。

 そして今、最新のクラウドベースの基幹業務(LOB)アプリケーションにも、同じような変化をもたらすべき時だ。少なくとも、Microsoftはそのように提案している。

 同社は「Power BI」「PowerApps」「Microsoft Flow」という3つのツールを、「Power Platform」というブランドの下に再編成した。「Forte」のようなツールが「AS/400」のアプリケーションを取り込んでPC向けに再構築したように、Power Platformを構成するツールは、「Dynamics 365」と「Office 365」のデータとイベントを取得してアプリやサービスに変換し、PCやスマートフォンで利用できるようにしてくれる。

基盤は「Common Data Service」

 Power Platformの中心を成しているのは「Common Data Service」(CDS)だ。「Microsoft Graph」が生産性向上のための基盤を提供しているように、CDSはLOBアプリケーションの基盤を提供するものだと考えればいいかもしれない。

 CDSは拡張可能なオブジェクトストアとして機能し、「エンティティー」として構造化されたデータをホスティングする。それぞれのエンティティーは、データベースの行と同じように、よく使用されるビジネスデータのセットであり、エンティティーのインスタンスはすべて、データベーステーブルのように機能する。

 企業は、住所、製品、顧客レコードなどをエンティティーにするだけでなく、ビジネスで使用する必要があるものだけを定義するレコードのセットをエンティティーにすることもできる。カスタマイズしたレコードを既存のCDSエンティティーに追加することも、独自のエンティティーを一から作成することも可能だ。

(本記事は、TechRepublic Japanで2019年5月10日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]