編集部からのお知らせ
量子コンピューティングへの注目
特集まとめ:高まるCISOの重要性

「Evernote」だから簡単にできる--スケジュール・進捗管理術

池田園子

2019-09-11 07:30

 参加中のプロジェクトがたくさんある、というような状況は決して珍しくない。このときに必要なのは、どのプロジェクトにおいても、自分のミッションを期限までに完了させるスケジューリング力や進捗管理力だ。

 ただ、複数のプロジェクトに関わっていると、それぞれのTo doの内容や期限、その他細かい情報をひとつのカレンダーで管理しづらいと思う。カレンダーが見づらくなる弊害もないとはいえない。

 そんなときに使いたいのが「Evernote」だ。仕事の細かい予定をカレンダーに書き込み切れない場合、スケジュール・進行管理に使えるEvernoteのテンプレートを活用するといい。

 今回はEvernoteで簡単にできるスケジュール・進捗管理術をご紹介する。Evernoteはメモや記録を残すだけでなく、プロジェクト管理にも適しているのである。

プロジェクトごとにノートブックを作る

 最初に、各プロジェクトに関するノートを格納するノートブックを作っておこう。ノートブック名は「◯◯プロジェクト」などと、「◯◯プロジェクトの記録を入れる」と一目でわかるようにしておく。

プロジェクトごとにノートブックを作成

 作ったノートブックは、関係者が閲覧できるよう、共有設定をしておくといい。ノートブック右端にある、3つの丸が横に並んだ「操作」ボタン→「ノートブックを共有」をクリック。関係者の名前やメールアドレスを入力し、権限も設定しておく。

スケジュール・進捗管理におすすめのテンプレートその1

 続いて「新規ノート」を作成し、タイトルに何のプロジェクトの、いつのスケジュール・進行管理用のノートなのか、わかるよう明記する。

 右端にある、3つの丸が縦に並んだ「操作」ボタン→「移動」をクリックし、該当するプロジェクトの記録を格納するノートブックを選択し、新規ノートを移動させておこう。

新規ノートを作成

 次に、本文の「テンプレート」をクリックし、さまざまなテンプレートが揃う「テンプレートギャラリー」へと進む。

 豊富なテンプレートの中でも、スケジュール・進捗管理に使えるのが、「プロジェクト管理」内にある「週間プランナー」や「月間プランナー」などだろう。1日単位で使える「デイリープランナー」もあるので、自分の抱える業務に合わせて選んでほしい。

テンプレートギャラリー

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]