カスペルスキー、新パートナー施策を導入--法人向け体制を一層強化

渡邉利和 2019年09月13日 09時59分

  • このエントリーをはてなブックマークに追加
  • 印刷

 カスペルスキーは9月11日、グローバルで展開するパートナープログラム「Kaspersky United(カスペルスキー ユナイテッド)」を日本で導入することを発表した。10月1日に専用ポータルサイトを開設してパートナー企業の登録を受け付け、2020年1月1日からプログラムを運用する予定。なお、グローバル施策に加えて日本独自の施策も準備しているという。

Kaspersky アジアパシフィック地域担当 マネージングディレクターのStephan Neumeier氏
Kaspersky アジアパシフィック地域担当 マネージングディレクターのStephan Neumeier氏

 同日の会見でKaspersky アジアパシフィック地域担当 マネージングディレクターのStephan Neumeier氏は、グローバルの最新状況と日本市場に対する取り組みの概要を紹介、2019年の出来事としては、6月にブランド変更を実施した。従来は「Kaspersky lab」という文字を緑と赤の2色でデザインしたロゴだったが、これを緑一色のシンプルなものとし、文字も「Kaspersky」のみとした。

 この変更の理由は、「ユーザーは以前から単に『Kaspersky』とだけ呼んでいた」「検索キーワードなどを登録して広告を行う場合は、キーワードが少ない方が、都合が良い」「『lab』に相当する言葉は言語によって異なり、ロシア語では文字数がかなり多いので不便」(Neumeier氏)といった点を挙げている。

新しいロゴ
新しいロゴ

 加えて同氏は、同社の事業やデータ、ユーザーのプライバシーなどの透明性の確保に向けた取り組み状況も説明した。同社は、米国政府から不正関与の疑惑を掛けられたことをきっかけとして、透明性の確保のために第三者などがソースコードの検証などを行う「Transparency Center”の設置を進めている。

 2018年末に最初の施設をスイスで開設し、2019年5月にはスペインのマドリード、8月にはアジア太平洋地域で初の施設をマレーシアのサイバージャヤに開設することを発表した。マレーシアのTransparency Centerでは2020年初頭に最初の来訪者を受け入れる予定だが、その後は日本や中国での開設を検討するという。同氏は日本でのビジネス状況について、現状でもグローバルトップ10に入っていることを踏まえ、「今後2年以内に、日本をグローバル収益に貢献するトップ5カ国に押し上げるべく、投資と事業の変革を継続する」とした。

カスペルスキー 代表取締役社長の藤岡健氏
カスペルスキー 代表取締役社長の藤岡健氏

 国内事業の概況について代表取締役社長の藤岡健氏は、2019年初に掲げたビジネス戦略が順調に経過しているとした上で、改めて今後の目標に「3年後の売上高をコンシューマー事業で2倍、法人事業で3倍」と挙げた。2019年下半期の重点施策としては、コンシューマー事業では「チャネル経由のプロモーションの拡大やAmazon経由のサブスクリプションライセンスの本格展開、11月には新製品の販売開始」など、法人事業では「顧客支援体制の強化、インテリジエンス・サービスの拡大」と、今回発表の「新しいパートナープログラム」を挙げた。

Kaspersky Unitedの概要
Kaspersky Unitedの概要

 パートナー営業本部長の佐藤輝幸氏は、Kaspersky Unitedについて説明。同プログラムでは、パートナーを取扱金額と認定資格者数を条件として「Registered」「Silver」「Gold」「Platinum」の4段階で設定しており、当然上のランクが高いほど利益性も高まる。パートナーに対する価値提供を重視したさまざまな施策を準備するほか、エンドユーザーにもメリットのある日本独自の施策として、注力製品である「Kaspersky Endpoint Security for Business Advanced」「Kaspersky Vulnerability and Patch Management」の価格改定およびアップグレード&乗換プログラムも提供する。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

  • このエントリーをはてなブックマークに追加

SpecialPR

連載

CIO
教育IT“本格始動”
月刊 Windows 10移行の心・技・体
ITアナリストが知る日本企業の「ITの盲点」
シェアリングエコノミーの衝撃
デジタル“失敗学”
コンサルティング現場のカラクリ
Rethink Internet:インターネット再考
インシデントをもたらすヒューマンエラー
トランザクションの今昔物語
エリック松永のデジタルIQ道場
研究現場から見たAI
Fintechの正体
米ZDNet編集長Larryの独り言
大木豊成「仕事で使うアップルのトリセツ」
山本雅史「ハードから読み解くITトレンド放談」
田中克己「展望2020年のIT企業」
松岡功「一言もの申す」
松岡功「今週の明言」
内山悟志「IT部門はどこに向かうのか」
林 雅之「デジタル未来からの手紙」
谷川耕一「エンプラITならこれは知っとけ」
大河原克行「エンプラ徒然」
内製化とユーザー体験の関係
「プロジェクトマネジメント」の解き方
ITは「ひみつ道具」の夢を見る
セキュリティ
セキュリティインシデント対応の現場
エンドポイントセキュリティの4つの「基礎」
企業セキュリティの歩き方
サイバーセキュリティ未来考
ネットワークセキュリティの要諦
セキュリティの論点
スペシャル
エンタープライズAIの隆盛
インシュアテックで変わる保険業界
顧客は勝手に育たない--MAツール導入の心得
「ひとり情シス」の本当のところ
ざっくり解決!SNS担当者お悩み相談室
生産性向上に効くビジネスITツール最前線
ざっくりわかるSNSマーケティング入門
課題解決のためのUI/UX
誰もが開発者になる時代 ~業務システム開発の現場を行く~
「Windows 10」法人導入の手引き
ソフトウェア開発パラダイムの進化
エンタープライズトレンド
10の事情
座談会@ZDNet
Dr.津田のクラウドトップガン対談
Gartner Symposium
IBM World of Watson
de:code
Sapphire Now
VMworld
Microsoft Inspire
Microsoft Connect()
HPE Discover
Oracle OpenWorld
Dell Technologies World
AWS re:Invent
AWS Summit
PTC LiveWorx
吉田行男「より賢く活用するためのOSS最新動向」
古賀政純「Dockerがもたらすビジネス変革」
中国ビジネス四方山話
ベトナムでビジネス
日本株展望
企業決算
このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]