編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

マイクロソフト、「Exchange Server 2010」のサポート終了日を延期--2020年10月13日に

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-09-17 10:14

 Microsoftは「Exchange Server 2010」のサポート終了日を米国時間2020年1月14日から2020年10月13日に延期した。これにより、Exchange Server 2010のセキュリティ更新プログラムの提供が1月14日に終了することはなくなり、無料サポートが10月13日まで継続される。

Microsoft
提供:Microsoft

 Microsoftは9月16日、サポート終了日の延期を発表した。「多数の『Exchange』ユーザーの展開状況を調査および分析した後」に延期を決定したとしている。また、「オンプレミスで新しいバージョンの『Exchange Server』へのアップグレードを進めているユーザー、『Office 365』や『Exchange Online』によって、大きな変化を伴うクラウドへの移行を進めているユーザーがいることもわれわれは理解している」と説明している。

 「Office 2010」と「SharePoint Server 2010」のサポート終了日も2020年10月13日となっている。

 Microsoftによると、オンプレミスのExchange Server 2010から直接「Exchange Server 2019」にアップグレードすることはできないようだ。Microsoftが16日のブログ記事で述べているように、ユーザーはまず「Exchange 2013」か「Exchange 2016」にアップグレードする必要がある。当然ながら、MicrosoftはExchange 2010からExchange Online/Office 365に移行することを推奨している。

 Microsoftは「Windows 7」のサポート終了日(2020年1月14日)も延期するのではないかと思っている人もいるかもしれない。筆者は、MicrosoftがWindows 7のサポート終了日を延期することはないとほぼ確信しているが、同社に確認している。これまでに発表されている通り、Microsoftは「Windows Server 2008/2008 R2」についても、2020年1月14日に無料サポートを終了する予定だ(ユーザーがワークロードを「Azure」に移行することに同意した場合は除く)。

 Microsoftは先頃、ほとんどの「Microsoft Desktop Optimization Pack」(MDOP)ツールのサポート終了日も延期した。さまざまなツールのサポート終了日を一致させるため、MDOPツール群の大部分について2026年4月14日にサポートを終了し、以降フィックスは提供されなくなる。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]