工作機械業界向け新サービスにみるNTTグループの深謀遠慮

松岡功

2019-09-19 07:00

 本連載では、筆者が「気になるIT(技術、製品、サービス)」を取り上げ、その概要とともに気になるポイントを挙げてみたい。今回はITに関連する気になる動きとして、工作機械業界向け新サービスの実現に向けた協業について取り上げたい。

ファナック、富士通、NTT Comが新サービスで協業

 工作機械制御装置メーカーのファナック(山梨県忍野村)と富士通、NTTコミュニケ―ションズ(NTT Com)の3社は先頃、「デジタルユーティリティクラウド」構想を実現するサービスを共同開発することを発表した。

 デジタルユーティリティクラウドは、工作機械業界全体で重複している社内業務の効率化および顧客サービスの高度化を目指し、デジタル革新を加速させる構想である。その実現のため、3社は業界各社で共通利用できるクラウドサービスの開発に取り組み、デファクトスタンダードを目指す構えだ。

 新たなサービスは、工作機械の稼動状況などの設備データ、モバイルデバイスなどで収集される作業ログなどの人的データ、そしてマニュアルや仕様書などの静的データをセキュリティ基盤で管理し、安心、安全に利用できる仕組みを提供するものだ。

 集約されたデータを人工知能(AI)エンジンによってさまざまな目的に合わせて分析することで、新サービスを利用する工作機械業界各社が、社内業務におけるコスト、開発リソース低減や顧客サービス高度化に活用できるようになる。これにより、注力すべき差別化領域へ予算や開発リソースを集中することが可能になるという。

 また、工作機械業界各社やITベンダーが開発したアプリケーションなどを工作機械業界各社の顧客向けに販売するためのストア機能も提供する予定。新サービスは、工作機械業界のエコシステムとして、工作機械業界各社やその顧客に幅広く利用されることが期待できるとしている。

図1:「デジタルユーティリティクラウド」のイメージ(出典:ファナック、富士通、NTTコミュニケ―ションズ)
図1:「デジタルユーティリティクラウド」のイメージ(出典:ファナック、富士通、NTTコミュニケ―ションズ)

 3社それぞれの役割としては、ファナックは工作機械業界の立場から、デジタルユーティリティクラウドに必要となる機能を企画するとともに、エッジレイヤーを担うソリューションである「FIELD system」の開発を通じて得た知見を生かし、エッジレイヤーに必要な機能を担当する。

 富士通は、ものづくりのさまざまな情報をつなげるデジタルプレイス「FUJITSU Manufacturing Industry Solution COLMINA(コルミナ)」の開発を通じて得た知見を生かし、アプリケーションレイヤーを担当。NTT Comは、ネットワーク、クラウド、セキュリティなどのサービス提供を通じて得た知見を生かし、セキュアなデータ利活用を実現するためのICT基盤やセキュリティ機能を担当する。

 新サービスは2020年4月から順次提供を開始する予定。さらに将来的な合弁会社の設立も視野に、3社でデジタルユーティリティクラウドを推進していくとしている。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. セキュリティ

    「デジタル・フォレンジック」から始まるセキュリティ災禍論--活用したいIT業界の防災マニュアル

  2. 運用管理

    「無線LANがつながらない」という問い合わせにAIで対応、トラブル解決の切り札とは

  3. 運用管理

    Oracle DatabaseのAzure移行時におけるポイント、移行前に確認しておきたい障害対策

  4. 運用管理

    Google Chrome ブラウザ がセキュリティを強化、ゼロトラスト移行で高まるブラウザの重要性

  5. ビジネスアプリケーション

    技術進化でさらに発展するデータサイエンス/アナリティクス、最新の6大トレンドを解説

ZDNET Japan クイックポール

所属する組織のデータ活用状況はどの段階にありますか?

NEWSLETTERS

エンタープライズコンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]