編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
企業買収

GitHub、コード分析プラットフォームのSemmleを買収

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-09-19 11:20

 Microsoft傘下のGitHubは米国時間9月18日、カリフォルニア州サンフランシスコに拠点を置くコード分析プラットフォームベンダーSemmleの買収を発表した。買収条件は明らかにされていない。

 Semmleは、ソースコードに対するクエリーが他のデータ型に対するものと同様に機能すべきだという考え方に基づいて2006年に創業された企業だ。Semmleのブログ記事によると、同社の製品は創業以来、GoogleやUber、米航空宇宙局(NASA)、Microsoftのほか、「数多くのオープンソースプロジェクト」でセキュリティを向上させるために利用されてきた。

 Semmleのウェブサイトでは「QL」と「LGTM」を製品として挙げている。QLは、製品セキュリティチームがゼロデイ脆弱性や、深刻な脆弱性の亜種を発見できるよう支援する、変種の自動分析機能を提供する。一方LGTMは、開発者向けに継続的なセキュリティ分析機能を提供する。

 Semmleによると、「GitHubの既存製品群との緊密な統合」が計画されているが、これまでのSemmle顧客に対する影響は一切ないという。

 同社のウェブページには、「GitHubとSemmleはオープンソースエコシステムの安定に深くコミットしており、そういったコミットメントの一環として、LGTM.comを公開リポジトリーとオープンソースに対して無償で提供し続ける。われわれはまた、オープンソースのセキュリティ研究も続けていく。(Semmleは)これまでに「Das U-Boot」や「Apache Struts」「Linuxカーネル」「memcached」「VLC」、Appleの「XNU」といった著名プロジェクトに存在していた脆弱性を発見し、107件の共通脆弱性識別子(CVE)を生じさせている。GitHubの既存製品群とのより緊密な統合によってさらなる価値がもたらされるという、素晴らしい機会が訪れるのはもちろんだ。是非とも注目してほしい!」と記されている。

 Microsoftは2018年にGitHubを75億ドルで買収した。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]