編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

セールスフォース、消費財企業向け顧客関係強化サービスを開始

NO BUDGET

2019-09-20 06:00

 セールスフォース・ドットコムは、「Consumer Goods Cloud」の提供を開始すると発表した。消費財を扱う企業の店頭施策を変革し、収益増やROI(投資対効果)最大化の推進を可能にするという。人工知能を活用することで主要タスクの最適化、プロモーション実施や注文管理の改善による収益増の推進、消費者の店頭体験向上を実現する。花王がさらなる顧客満足度の向上を目指し、同サービスのパイロットプログラムに参加している。

 同サービスでは、現場担当者が訪問すべき店舗が、優先度順にリストアップされ、Salesforce Mapsを使ったアプリ内のマップ機能で訪問ルートを管理することもできる。また訪問先の店舗から、店舗またはセグメントの種類に基づくテンプレートにアクセスきるので、在庫状況や棚割りのチェックから返品処理や調査まで、すべて手元のモバイルデバイスで実行し、簡単に店舗ごとのニーズに対応できる。

 商品配置では、Einstein Visionが提供するビジュアルサーチ、ブランド検出、オブジェクト特定のソリューションにより、棚卸し・棚割り・マーチャンダイジングに関する実施状況の確認が容易になる。例えば、棚の写真を撮影するだけで、商品が正しく配置されているかどうかが直ちに分かるため、手動で商品を数えてシステムにデータを入力する必要はない。

 さらにモバイルの注文取込機能によって、店舗訪問中でも注文を受けられるほか、カテゴリ、製品、数量、価格設定、割引、販売促進、単位といった重要なデータを収集できる。

 一般向けリリースは10月15日を予定。価格は1ユーザー当たり月額50ドルから。Einstein Analytics for Consumer Goodsは、2020年2月の一般向けリリースを予定している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]