編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

デル、第2世代AMD EPYCプロセッサー搭載サーバーを発売

NO BUDGET

2019-09-24 06:00

 デル テクノロジーズは、最新の第2世代AMD EPYCプロセッサー搭載の「Dell EMC PowerEdge」シリーズを発表した。

 「PowerEdge」に加わった新モデルは、「PowerEdge R6515」「PowerEdge R7515」「PowerEdge R6525」「PowerEdge C6525」の4製品。既存環境や新しい環境、マルチクラウド環境の多様で複雑なワークロードニーズへ応えられるようにゼロから開発された。「Dell EMC vSAN Ready Node」での比較では、前世代のAMD EPYCベースシステムよりも51%高いIOPS(Input/Output Per Second)を実現している。これにより、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)やデータベース、仮想デスクトップ基盤(VDI)をはじめとする幅広いワークロードで飛躍的なパフォーマンス向上が実現した。

人工知能
人工知能
「PowerEdge R7515」
「PowerEdge R7515」
「PowerEdge R6525」
「PowerEdge R6525」
「PowerEdge C6525」
「PowerEdge C6525」

 今回の新製品は、プロセッサーの能力が制限されることのある「ドロップイン」式のアプローチとは違い、新しいAMD EPYCプロセッサーの全ての機能と能力をフル活用できるよう設計された。これまで以上に高速なコンピュートおよびメモリー速度に加え、内蔵型のハードウェアとファームウェアのセキュリティを提供する。プロセッサーはフルスタックがサポートされ、PCIe 4.0インターコネクトのサポートにより、次世代のストレージ、アクセラレーター、ネットワーキング採用にも対応できる。

 TCO(総所有コスト)では、前世代EPYCの2倍のコア数と20%高速なメモリーを最適なバランスで構成したパワフルな1ソケットサーバを搭載しており、従来2ソケットを必要としていたワークロードもサポート可能となっている。

  PCIe 4.0へのサポートにより、広い帯域幅のサポートが可能となった。PCIe 4.0は、PCIe 3.0より最大26%多くのPCIeレーンと60%高速なインターコネクトファブリック性能を持ち、転送速度3200MHzのDDR4メモリーによる2ソケットサーバー当たり410GB/sの理論メモリー帯域幅を実現している。

 セキュリティでは、AMDのSEV(Secure Encrypted Virtualization)およびSME(Secure Memory Encryption)機能により、仮想マシン(VM)およびシステムメモリーを網羅する堅牢な統合セキュリティを提供する。

 また、新製品をベースに「Dell EMC Ready Solutionsfor HPC」のポートフォリオを拡張した。「Ready Solutions for HPC Digital Manufacturing」、「Ready Solutions for HPC Research」、および「Ready Solution for HPC Life Sciences」は、液冷およびGPU対応機能といったメリットを提供し、人工知能や機械学習、深層学習といったコンピュート集中型ワークロードのパフォーマンスをさらに高める。

 さらに「Dell EMC OpenManage」について複数の機能強化を行うとともに、業界をリードするソフトウェアベンダーとの統合を強化する。VMwareとの統合では、「OpenManage Integration for VMware vCenter」の最新リリースにおいて、大規模環境でのVMwareクラスターの管理の拡張性が高められた。Microsoft Windows Admin Centerについては、Microsoft環境の「PowerEdge」サーバーのより詳細なコントロールを提供するとともに、「Dell EMC Solutions for Microsoft Azure Stack HCI」へのフルスタックの可視性とコントロールを提供する。また、新たに「ServiceNow」との統合を提供し、「OpenManage FlexSelectライセンス」を活用することで、「PowerEdge」サーバーのサービス管理を自動化できるようにした。

 新製品の価格および提供開始時期は、「PowerEdge R6515」が81万9180円から、「PowerEdge R7515」が89万4530円からで両製品とも9月18日に提供を開始した。「PowerEdge R6525」「PowerEdge C6525」は10月に提供を開始する予定となっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]