編集部からのお知らせ
「ZDNet Japan Summit」参加登録受付中! 
新着記事集:「負荷分散」

デル、第2世代AMD EPYCプロセッサー搭載サーバーを発売

NO BUDGET

2019-09-24 06:00

 デル テクノロジーズは、最新の第2世代AMD EPYCプロセッサー搭載の「Dell EMC PowerEdge」シリーズを発表した。

 「PowerEdge」に加わった新モデルは、「PowerEdge R6515」「PowerEdge R7515」「PowerEdge R6525」「PowerEdge C6525」の4製品。既存環境や新しい環境、マルチクラウド環境の多様で複雑なワークロードニーズへ応えられるようにゼロから開発された。「Dell EMC vSAN Ready Node」での比較では、前世代のAMD EPYCベースシステムよりも51%高いIOPS(Input/Output Per Second)を実現している。これにより、ハイパフォーマンスコンピューティング(HPC)やデータベース、仮想デスクトップ基盤(VDI)をはじめとする幅広いワークロードで飛躍的なパフォーマンス向上が実現した。

人工知能
人工知能
「PowerEdge R7515」
「PowerEdge R7515」
「PowerEdge R6525」
「PowerEdge R6525」
「PowerEdge C6525」
「PowerEdge C6525」

 今回の新製品は、プロセッサーの能力が制限されることのある「ドロップイン」式のアプローチとは違い、新しいAMD EPYCプロセッサーの全ての機能と能力をフル活用できるよう設計された。これまで以上に高速なコンピュートおよびメモリー速度に加え、内蔵型のハードウェアとファームウェアのセキュリティを提供する。プロセッサーはフルスタックがサポートされ、PCIe 4.0インターコネクトのサポートにより、次世代のストレージ、アクセラレーター、ネットワーキング採用にも対応できる。

 TCO(総所有コスト)では、前世代EPYCの2倍のコア数と20%高速なメモリーを最適なバランスで構成したパワフルな1ソケットサーバを搭載しており、従来2ソケットを必要としていたワークロードもサポート可能となっている。

  PCIe 4.0へのサポートにより、広い帯域幅のサポートが可能となった。PCIe 4.0は、PCIe 3.0より最大26%多くのPCIeレーンと60%高速なインターコネクトファブリック性能を持ち、転送速度3200MHzのDDR4メモリーによる2ソケットサーバー当たり410GB/sの理論メモリー帯域幅を実現している。

 セキュリティでは、AMDのSEV(Secure Encrypted Virtualization)およびSME(Secure Memory Encryption)機能により、仮想マシン(VM)およびシステムメモリーを網羅する堅牢な統合セキュリティを提供する。

 また、新製品をベースに「Dell EMC Ready Solutionsfor HPC」のポートフォリオを拡張した。「Ready Solutions for HPC Digital Manufacturing」、「Ready Solutions for HPC Research」、および「Ready Solution for HPC Life Sciences」は、液冷およびGPU対応機能といったメリットを提供し、人工知能や機械学習、深層学習といったコンピュート集中型ワークロードのパフォーマンスをさらに高める。

 さらに「Dell EMC OpenManage」について複数の機能強化を行うとともに、業界をリードするソフトウェアベンダーとの統合を強化する。VMwareとの統合では、「OpenManage Integration for VMware vCenter」の最新リリースにおいて、大規模環境でのVMwareクラスターの管理の拡張性が高められた。Microsoft Windows Admin Centerについては、Microsoft環境の「PowerEdge」サーバーのより詳細なコントロールを提供するとともに、「Dell EMC Solutions for Microsoft Azure Stack HCI」へのフルスタックの可視性とコントロールを提供する。また、新たに「ServiceNow」との統合を提供し、「OpenManage FlexSelectライセンス」を活用することで、「PowerEdge」サーバーのサービス管理を自動化できるようにした。

 新製品の価格および提供開始時期は、「PowerEdge R6515」が81万9180円から、「PowerEdge R7515」が89万4530円からで両製品とも9月18日に提供を開始した。「PowerEdge R6525」「PowerEdge C6525」は10月に提供を開始する予定となっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    Google Cloudセキュリティ基盤ガイド、設計から運用までのポイントを網羅

  2. セキュリティ

    仮想化・自動化を活用して次世代データセンターを構築したJR東日本情報システム

  3. ビジネスアプリケーション

    スモールスタート思考で業務を改善! 「社内DX」推進のためのキホンを知る

  4. セキュリティ

    Emotetへの感染を導く攻撃メールが多数報告!侵入を前提に対応するEDRの導入が有力な解決策に

  5. セキュリティ

    偽装ウイルスを見抜けず水際対策の重要性を痛感!竹中工務店が実施した2万台のPCを守る方法とは

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]