編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

モリショウグループ、「SAP Business One」で経営のデジタル化を促進

NO BUDGET

2019-09-24 06:00

 モリショウグループがSAPの中堅・中小企業向け基幹業務パッケージ 「SAP Business One」を導入したと、SAPジャパンが発表した。導入はザイナスが担当している。

 モリショウグループは、傘下の事業会社を通じて、環境リサイクルプラントの設計・販売・技術保守サポートや、自社における木質系廃棄物の収集・運搬、中間処理、再資源化から木質バイオマス発電事業までの一貫した木質系廃棄物循環型システム事業を展開している。

 同社では、以前に会計単体パッケージソフトと表計算ソフトで業務を管理していたが、ヒト・モノ・カネといった経営資源の集中管理と全体最適の仕組みが必要と判断し、2018年9月から本格的な基幹システムの導入検討を開始し、今回の採用に至った。

 採用理由としては、販売・購買・在庫情報が財務会計へリアルタイム統合されている点や、使いやすい分析機能が搭載されていることによる経営意思決定の高速化、それに伴う時間当たり付加価値の向上が期待できることを挙げている。また短期間で導入可能のため、コスト的なメリットも評価している。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]