編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ

アップル、「iOS 13.1」と「iPadOS」を配信開始

Jason Cipriani (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-09-25 11:11

 Appleが米国時間9月24日、「iOS 13.1」と、「iPadOS」の最初のリリースを配信開始した。Appleはアップデートを9月30日に予定していたが、19日に「iOS 13」をリリースし、予定を前倒ししていた。アップデートには、複数の新機能とともに、バグの修正が含まれている。

 iOS 13.1では新たに、同社の「マップ」でETA(到着予定時刻)を友人や家族と共有する機能のほか、法人向けの新機能としてBYODユーザー向けの「User Enrollment」(ユーザーエンロールメント)が提供されている。この機能は、デバイス上のストレージ領域を区切り、マネージドアカウント関連のデータと、個人的なデータを分離して格納することで、企業データを保護するようになっている。

 iPadOSは、AppleがiPad用に特別に設計した初めてのOSだ。これまでiPadには、iPhoneと同じソフトウェアが搭載されていた。iPadOSには、ダークモードなどのiOS 13と同じ新機能がいくつか搭載されているが、タブレット向けの特長もある。「Apple Pencil」関連の機能、ファイル管理、デスクトップに近いインターネットの体験を可能にする「Safari」の新バージョンなどだ。また、iPadでは、ホーム画面のデザインが刷新されているほか、マルチタスク機能が強化されている。コピー、ペースト、取り消しの操作はシンプルで直感的なジェスチャーでできるようになっている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]