編集部からのお知らせ
記事まとめ集:コロナ禍に小売業はどう対応?
テレワーク関連記事一覧はこちら

日本航空、デジタル変革の推進でハイブリッドクラウド基盤を構築

ZDNet Japan Staff

2019-09-27 15:09

 日本航空は、デジタル変革を支えるハイブリッドクラウド基盤とその統合管理システムを構築した。6月から全面的な運用を開始している。日本IBMが9月27日に発表した。

 新たなシステム基盤は、相互接続された3つのクラウドで構成されている。1つは日本航空のデータセンター内に構築されたプライベートクラウド基盤。これにIBM Cloudの専有型IaaSと、他ベンダーの共有型IaaS/PaaSを組み合わせる。プライベートとパブリック、専有と共有といった性質やベンダーが異なる3つのクラウドを統合的に管理するため、統合管理基盤も併せて構築した。

 プライベートクラウド基盤には、既存の仮想環境と親和性の高いVMware vSphere、VMware vSAN、VMware NSXを活用。物理サーバーと仮想サーバーの混在環境に対してネットワークをリソースプール化するためにCisco ACIも利用した。

 専有型IaaS、共有型IaaS/PaaSを用意したことで、使用用途や高性能ベアメタル、スケールアウトなどの要件に合わせてインフラリソースを適切に配分したり、適切な基盤環境を選択したりできるようになったという。

 統合管理基盤には、ServiceNowのIT Service ManagementとVMware vRealizeを活用。利用者向けにポータル機能やサービス管理機能を用意し、運用管理業務の標準化と自動化を進めた。これまで数日かかっていた仮想サーバーの構築時間が数時間に短縮され、同社のデジタル変革をより加速することが可能になったとしている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]