編集部からのお知らせ
HCIの記事をまとめた資料ダウンロード
記事集:クラウドのネットワーク監視

「Python」をフル活用するNetflix--コンテンツ選定からCDN運営まで

ZDNet Japan Staff

2019-09-29 08:00

 動画配信大手のNetflixが、汎用性の高いプログラミング言語「Python」をどのように活用しているのかを明かした。

 同社は、運用管理から分析、セキュリティ、ネットワーキングまで、あらゆることにPythonを使用しており、その方法を詳しく説明した。Pythonは、世界で最も急成長している言語の1つだ。

 Netflixは、よく知られているパッケージと社内のソフトウェアライブラリーを組み合わせて利用している。Pythonは、主にAmazon Web Services(AWS)クラウドプラットフォーム上で展開される同社事業のほぼすべての側面で使用されているようだ。

 Netflixのエンジニアはブログ投稿で、「われわれは、資金を提供すべきコンテンツの選定から、完成した動画を1億4800万人の会員に提供するCDNの運営まで、コンテンツのライフサイクル全体を通してPythonを使用する」と述べた。

(本記事は、TechRepublic Japanで2019年6月12日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]