編集部からのお知らせ
新着記事まとめPDF「IBM分社のキンドリル」
ZDNet Summit 2021開催のご案内

管理職の6割「残業時間変わらない」--部下へのサポートも負荷に

TechRepublic Japan Staff

2019-10-01 06:45

 リクルートスタッフィングは中間管理職412人を対象に「働き方改革における管理職への影響と変化」をテーマに調査。9月30日に結果を発表した。

 働き方改革関連法が4月に施行されたが、6割以上の中間管理職の残業時間が「変わらない」、1割以上が「増加した」という結果。所属部署や課全体の残業時間を見ると「減った」が3割を超えており、部署全体と中間管理職自身の残業時間に乖離があることも判明している。

 残業が「とても増えた」「やや増えた」との回答者に内容を聞くと、「所属部署・課における管理業務」(71.7%)、次いで「部下のサポート業務」(58.5%)となっている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]