編集部からのお知らせ
記事まとめ「サードパーティークッキー問題」公開
記事まとめ読み:GIGAスクール

「Windows Virtual Desktop」、一般提供を開始

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-10-01 11:14

 Microsoftは米国時間9月30日、「Windows Virtual Desktop」の一般提供(GA)を世界で開始したと発表した。

Microsoft
提供:Microsoft

 Microsoftは2018年9月にWindows Virtual Desktop(WVD)を正式に発表し、2019年3月にパブリックプレビューを開始した。同社によると、プレビュー期間中に何千もの顧客がWVDを試したという。30日に一般提供が開始され、「Windows」「Android」「Mac」「iOS」、HTML 5でWVDクライアントアプリが利用できるようになった。

 WVDはWindows 10の仮想デスクトップ環境をもたらす新しいサービスで、マルチセッションの「Windows 10」機能、「Windows Server Remote Desktop Services」(Windows Server RDS)のデスクトップとアプリのサポートを提供する。WVDを使用することで、ユーザーはAzureの仮想マシン上で「Windows 7」やWindows 10、「Office 365 ProPlus」のアプリ、そのほかのサードパーティー製アプリを実行し、リモートから利用することができる。

 またMicrosoftは、Windows 7デスクトップを仮想化する機能をWVDユーザーに提供し、2023年1月までサポートを受けられる無料の「拡張セキュリティ更新プログラム(ESU)」を利用できるようにする。つまり、WVDを利用するライセンスのある顧客は、Microsoftが2020年1月14日にWindows 7のサポート(とセキュリティ更新プログラムの無償提供)を正式に終了した後も、追加費用なしでWindows 7のセキュリティ更新プログラムを利用し続けることができる。

 「Microsoft 365」担当コーポレートバイスプレジデントのBrad Anderson氏は、「VDI(仮想デスクトップインフラストラクチャー)は、オンプレミスのワークロードのトップ10に入っている。企業はこれをクラウドに移行したいと考えている。WVDはパブリッククラウドでマルチユーザーのWindows 10クライアントを真に実行できる唯一の手段だ」と述べた。

 WVDのドキュメント製品の情報がMicrosoftのサイトで公開されている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. 運用管理

    最先端のデータサイエンティストでいるための5つのヒント—AIによる高度化でデータの達人であり続ける

  2. ビジネスアプリケーション

    経理部門 554人に聞いた「新しい経理部門の働き方」 その実現に向けた具体的な行動指針を解説

  3. セキュリティ

    パンデミックに乗じたサイバー攻撃に屈しない 最新の脅威分析レポートに見る攻撃パターンと対応策

  4. 運用管理

    DX時代にIBM i は継続利用できるのか? モダナイゼーション実施で考えておくべき5つの視点

  5. セキュリティ

    サイバー攻撃でPCに何が起きている? サイバーディフェンス研究所の名和氏が語るフォレンジックのいま

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]