編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

ブタの撮影画像から体重推定-- NTTテクノクロスが「デジタル目勘」を開発

大場みのり (編集部)

2019-10-04 11:43

 伊藤忠飼料とNTTテクノクロスは、ブタの体重を推定するシステム「デジタル目勘(めかん)」を共同開発。10月9日に伊藤忠飼料の販売ルートで発売する。

デジタル目勘のシステムイメージ(左)、利用イメージ(右)(出典:伊藤忠飼料、NTTテクノクロス)
デジタル目勘のシステムイメージ(左)、利用イメージ(右)(出典:伊藤忠飼料、NTTテクノクロス)

 デジタル目勘は、撮影したブタの画像から体重を推定するAndroidスマートフォンアプリとして2017年4月から伊藤忠飼料とNTTテクノクロスが共同開発に着手。2018年4月の提供を予定していたが、発売目前で仕様を満たすスマートフォンが販売終了したため、提供を延期していた。

 両社は今回、ブタの3Dデータを撮影可能なカメラを搭載した専用の小型端末を開発。以前よりも使い勝手や精度を高めた体重推定ソフトウェアが前もってインストールされている一体型システムとして発売する。デジタル目勘により、ブタを個別に撮影するだけで体重を測定できるようになる。

 ブタの体重測定は従来、養豚業者がブタを体重計のある場所に追い込んで行っていたが、この方法は重労働であった。一方、目視による推測「目勘」は、熟練した業者でないと難しく精度にばらつきがあったという。そこで両社は、経験を要さず、手軽かつ一律に体重を測定するデジタル目勘を開発したと説明する。

 端末は約837gで軽量。交換式の充電池1本で2.5時間駆動する。端末側で計算処理を行うため通信環境は不要。また、NTTテクノクロスが独自に開発した画像認識技術と機械学習技術で構築された計測ロジックにより、2.8秒でブタの形状から体重を推定し、誤差は4.5%となっている。

 ソフトウェアは発売後も継続して改良を実施する予定で、精度向上や新機能が追加された場合、購入者は無料でバージョンアップを受けることができるという。

 1台当たりの税別価格は、ソフトウェア利用料が月額1万5000円台、端末本体が51万8000円だ。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]