ソニー銀行、クラウド帳票サービスを活用--帳票関連業務を効率化

NO BUDGET

2019-10-04 11:16

 ソニー銀行は、ウイングアーク1stの「SVF Cloud for Salesforce」(SVF Cloud)を導入し、帳票関連業務のスピードアップや帳票設計業務のコストダウンを実現した。ウイングアーク1stが10月2日に発表した。

 同行は2015年、SalesforceのカスタマーサービスプラットフォームであるService Cloudを導入。さらにシステム統廃合、ツール削減、業務時間短縮などを目的にService Cloudと連携可能な帳票ツールの導入検討を開始した。その結果、採用実績、サポート体制、帳票の新規作成・修正の容易さなどの機能を総合評価し、今回の導入に至った。

 同行では、住宅ローンの審査結果など約20種類の帳票類を出力しており、その出力枚数は1カ月あたり200~300枚に達している。Service Cloudには勘定系システムからデータをほぼリアルタイムに取り込み、最新情報が格納されているため、今回の導入でService Cloudの画面上からボタン一つでSVF Cloudを操作、目的の帳票を出力できるようになった。

 また、SVF Cloudの帳票設計ツールExcel Designerにより、使い慣れたインターフェースを使って帳票の新規作成や修正ができるため、帳票の開発に要する期間やコストを大幅に削減できた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]