編集部からのお知らせ
ZDNet Japanが新しくなりました!
New! 懸念高まる産業機器のセキュリティ
海外コメンタリー

「Windows 10X」について今分かっていること--2画面デバイス向け新OS - (page 2)

Mary Jo Foley (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 石橋啓一郎

2019-10-07 06:30

これは技術的に言えば、MicrosoftやほかのOEM企業がWindows 10Xを搭載した折り畳み型スマートフォンを作れるということか?

 理論的にはイエスだ。Windows 10Xは、デュアルスクリーンのデバイスでも、1枚の折り畳み可能な画面を持つデバイスでも利用できると筆者は聞いている。仮に、折り畳み型の10XデバイスにMicrosoftの「スマホ同期」アプリを搭載し、「Android」スマートフォン経由で通話できるようにして、それを「スマートフォン」と呼ぶのであれば、「スマートフォン」として売り出すことは可能だろうと筆者は思う。

HoloLens 2」や「Surface Hub 2X」については?これらのデバイスは、もっとも早い時期に世に出るWCOSデバイスになるとうわさされている。これらのデバイスで、Windows 10Xは動作するのか?

  HoloLens 2(近く発売されると期待されている)とSurface Hub 2X(情報筋によれば2020年春頃の発売予定)にも、WCOSが使われている。しかし、これらはデュアルスクリーンデバイスではないため、Windows 10Xは搭載されない。

 また筆者は、Microsoftが既存のWindows 10デバイスをWindows 10Xにアップグレード(またはダウングレード)することを許すとは考えていない。このOSは、次世代の新しいWindowsデバイスにあらかじめインストールされて提供されるもので、現在のデバイス向けのものではない。

Windows 10Xは、IntelベースのデバイスでもARMベースのデバイスでも動作するのか?

 Windows 10Xは、少なくとも第1弾では、Intelベースのデバイスでしか動作しないと筆者は聞いている。

Windows 10XはWindows 10の「Sモード」(元「Windows 10S」)の後継になるのか?

 答えはノーだ。Microsoftは、引き続き「Windowsストア」のアプリだけを使いたい顧客向けにWindows 10をSモードで販売するつもりのようだ。ただし情報筋によれば、Windows 10XではWindows 10のSモードが持つメリットの一部を受けられる。これには例えば、「Windows Rot」(使っているうちにWindowsが重くなっていく現象)の軽減、「インスタント起動」の改善、攻撃対象となり得る要素の削減、よりシームレスなアップデートの配信などがある。

Windows 10Xで使用できるのはどんなタイプのアプリで、使用できないのは何か?

 SモードのWindows 10とは違い、Windows 10XはWindowsストアのアプリだけに縛られるわけではない。Windows 10Xでは、UWPアプリも、PWAも、ウェブアプリも、Win32のアプリも使用できるようだ。筆者が以前「Windows Lite」に関する記事で報じたように、Win32アプリはコンテナを使用して実行される。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]