編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

2019年版「最初に学ぶにはふさわしくないプログラミング言語」リスト

ZDNet Japan Staff

2019-10-12 08:00

 最悪のプログラミング言語や最高のプログラミング言語を決める絶対的な基準はないが、需要が旺盛でコミュニティーが活発な言語を学びたいなら、選ぶべき言語とそうでない言語がある。

 Codementorが、開発者や企業の関心をあまり引けていない言語のリストを公開した。

 この「2019年に学ぶべきでないプログラミング言語」というリストは、Codementorが毎年まとめているリストの最新版だ。同サイトは、最初に学ぶ言語としてはふさわしくない言語のリストである点を強調している。

 このようなリストに関しては、必ず意見が分かれるものだ。また、Codementor(開発者の指導のためのオンラインコミュニティー)が採用している評価方法に納得できない人もいるということは心に留めておこう。Codementorの評価方法については、本記事の最後で説明する。

(本記事は、TechRepublic Japanで2019年5月28日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]