編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
海外コメンタリー

終息の気配見せないランサムウェア--手遅れになる前に

Danny Palmer (ZDNet UK) 翻訳校正: 村上雅章 野崎裕子

2019-10-25 06:30

 ランサムウェアは2019年も猛威をふるっており、データ暗号化マルウェアを用いたサイバー犯罪者らによる大手組織に対する攻撃は毎日のように発生している。

 地方自治体、そして学校や大学のほか、病院やヘルスケアプロバイダーといったありとあらゆる組織がランサムウェア攻撃の被害に遭っている。ハッカーはこういった攻撃により、ファイルを復元する代償として高額の身代金をビットコインで支払うよう求めている。

 こうした要求には応じないよう忠告されているにもかかわらず、身代金を支払ってしまう被害者も多い。その一方で、問題を自らの手で解決しようと試み、ネットワークを何日も、あるいは何週間もダウンさせ、時間とコストを費やしている被害者もいる。

 ランサムウェアの毒牙にかかった組織に降りかかる可能性のあるダメージ、すなわち問題を解決するための財政的負担や、ハッカーの手に落ちたことで生み出される風評被害は誰の目にも明らかなはずだ。では、ランサムウェアに対する警鐘が鳴らされているにもかかわらず、攻撃が現在でも有効であり続けているのはなぜだろうか?

 多くの組織幹部らが、依然としてサイバーセキュリティの深刻さに気付いていないというのも問題の一因となっている。

 セキュリティ企業CrowdStrikeのセキュリティレスポンス担当シニアディレクターであるJennifer Ayers氏は「まさにこういった状況が20年以上にわたって続いている。つまり、セキュリティは業務運用において、いまだに優先事項として捉えられておらず、IT部門に押しつけられたり、脇に追いやられてしまっている」と述べた。

 「ある種の変化はあった。特にこの10年を見た場合、投資は増えてきているものの、結局のところセキュリティチームは傍流の小さなグループであり、業務を支える柱の1つとして捉えられていない」(Ayers氏)

 リソースを豊富に活用でき、専任でことに当たれる情報セキュリティチームがない場合、組織は意識するかしないかにかかわらず、OSやソフトウェアに対するパッチの適用などの基本的なセキュリティ対策をないがしろにしてしまいやすくなる。

 例を挙げると、Microsoftは「WannaCry」が利用する「EternalBlue」という攻撃手法に対処する緊急アップデートをインストールするよう大々的な広報活動を繰り広げたものの、同攻撃が世界的にまん延した事実を考えると、被害者の多くが警告にもかかわらずパッチを適用していなかったのは明らかと言えるだろう。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]