編集部からのお知らせ
新着PDF集:データセンターの省電力化
「これからの企業IT」の記事はこちら

データサイエンスで考えたい「Python」と「R」のメリットとデメリット

ZDNet Japan Staff

2019-10-19 08:00

 「Python」と「R」はデータサイエンティストの間で共通の議論になっている。どちらの言語もデータ作業に役立ち、とりわけ、データサイエンス職の求人票で最も頻繁に言及されるスキルのひとつとなっている。データサイエンス業務にとって、PythonとRはそれぞれ、さまざまなメリットとデメリットがあり、実際の作業に応じて選択する必要がある。

 データサイエンティストが適切な言語を選択できるよう、コンピューターサイエンスを専門とするカリフォルニア大学デービス校教授のNorm Matloff氏は、両言語に関する議論に光を当てようと、GitHubに記事を投稿した

 Matloff氏は、以下の10の領域でRとPythonを比較し、どちらがより優れた選択肢かを判断した。

(本記事は、TechRepublic Japanで2019年7月11日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]