編集部からのお知らせ
解説:1st ? 2nd ? 3rd ? データ活用での選択
セキュリティの懸念高まる産業用制御機器

「Raspberry Pi 4 Model B」はデスクトップPCの代替になり得るか

ZDNet Japan Staff

2019-10-20 08:00

 「Raspberry Pi 4」は、低価格コンピューターRaspberry Piシリーズにおける飛躍的な進歩だ。大ヒットとなった同シングルボードコンピューターシリーズで初となる機能を多数搭載している。

 Raspberry Piはソフトウェア開発やハードウェア開発の実験を目的とした製品であり、その意味を定義してきたのは常にユーザーだった。ユーザーが考え出したRaspberry Piの用途は確かに多く、たとえばメディアセンター、ファイルサーバー、「Pi-hole」広告ブロッカー、ドローン制御装置、レトロゲーム機などがある。

 Raspberry Pi 4は、こうしたユーザーのニーズに十分に応えるだけでなく、同シリーズで初めて、低価格デスクトップPCを探している人が真剣に検討すべき製品になっている。55ドルのコンピューターとしては目覚ましい成果だ。

 予想どおりのアップグレードとしては、4GBの高速メモリーの搭載、4Kディスプレイのサポート、真のギガビットイーサネット、1.5GHzまで向上したプロセッサー速度、USB 3.0の採用、より現代的な新しいシステムオンチップ(SoC)への移行などがある。

 だが、驚くような変更点もあり、デュアルディスプレイ出力に対応したほか、2012年発売の初代モデルから続く35ドルという価格を上回るモデルが登場した。

(本記事は、TechRepublic Japanで2019年7月17日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]