編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

アップルのAR作成支援ツール「RealityKit」「Reality Composer」を見る

ZDNet Japan Staff

2019-10-22 08:00

 「iOS」開発者はAppleの「ARKit」を利用することで、拡張現実(AR)体験を既存のアプリに簡単に追加できる。Appleの「RealityKit」フレームワークと「Reality Composer」アプリは、開発者がそこから次の段階へ進めるようにするものだ。ほんの数年前まで制作会社が巨額の費用を投じて作っていたようなAR体験を作成できるようになる。

 本記事ではRealityKitとReality Composerについて詳しく解説し、これらのARツールの機能や活用方法を説明する。

RealityKitとはどんなものなのか

 「Xcode 11」と「iOS 13」に組み込まれる新しいフレームワークであり、拡張現実シーンを写真のようにリアルにレンダリングすることができる。それらのARオブジェクトでは、アニメーション、各種効果、物理的な効果などの利用も可能だ。

(本記事は、TechRepublic Japanで2019年7月4日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]