編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

マイクロソフト、「Secured-core」PC発表--ファームウェア攻撃から保護

Liam Tung (Special to ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-10-23 11:46

 Microsoftが「Windows」PCメーカーと提携し、「Secured-core」イニシアチブを発表した。Appleはハードウェアとオペレーティングシステムを完全に支配下に置いている中、Microsoftはこれまでそれができずにいたが、ハードウェアに対するコントロールをApple並みに引き上げられるかもしれない。Windowsのカーネルよりも、ファームウェアの方が特権レベルが高いことを悪用した攻撃から、デバイスを守る狙いがあるという。

 ユーザーはSecured-coreブランドのPCを目にするわけではない。この技術はIntel、Qualcomm、AMDのチップセットを搭載した最新の「Windows 10」ハードウェアで活用される。

 Microsoftの「Surface Pro X」やHPのノートPC「Dragonfly」など、ハイエンドハードウェアのユーザーは、新たなセキュリティー強化のメリットを受けることになる。

 この新しいファームウェア保護イニシアチブの中核となるのは、「Windows Defender」の「System Guard」機能だ。この機能は、国家が関与したハッキンググループのAPT28(Fancy Bear)が2018年、Unified Extensible Firmware Interface(UEFI)ルートキットを用いて仕掛けた攻撃などから、Windows 10 PCを保護できるようにする狙いがある。

 MicrosoftのWindowsセキュリティー担当パートナーディレクターのDavid Weston氏は米ZDNetに対し、次のように説明した。「ほかのメーカーが特定のセキュリティーチップで行なっているのと似た手法かもしれないが、当社はさまざまなCPUアーキテクチャーとOEMを対象にこのソリューションを提供する。そのため、より広範なオーディエンスにこれをもたらすことが可能になる。また、彼らが自社に適したフォームファクターや製品を選びつつ、Microsoftが作ったかのように、同レベルのセキュリティーを保証できるようになる」

 Weston氏は、「Windows」「Windows Server」「Azure OS」のセキュリティエンジニアリングのほか、「Windows Red Team」を率いている。

 Microsoftはこれまでにも、「Secure Boot」を提供している。しかしこの機能は、ファームウェアはブートローダーを検証するのに信頼できるという前提に立っており、つまり攻撃者は信頼されたファームウェアを悪用できる恐れがあった。

 APT28のルートキットは、適切に署名が行われていなかった。つまり、Windows Secure Bootが有効になっていたWindows PCは脆弱ではなかった。このシステムは、署名されたファームウェアのロードしか許可しないためだ。しかし、APT28のマルウェアは一度感染すると、OSの再インストールなどを行なっても、残り続けることがあるという。

 Microsoftの新しいイニシアチブは、攻撃者やセキュリティ研究者が、ファームウェアに一層注意を向けるようになっている中で発表された。2016年に発見されたファームウェアの脆弱性は50件に満たなかったが、2017年には400件、2018年には500件弱へと増加したという。

 ファームウェアレベルの攻撃から保護するため、Windows Defenderは「System Guard Secure Launch」を導入する。これをサポートすることがSecured-Core PCの要件となり、新しいハードウェアはAMDやIntel、Qualcommの機能を利用する。Microsoftは、Windows DefenderのSystem Guard Secureに関する説明の中で、仮想化ベースのセキュリティ(VBS)の保護にも役立つと説明している。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]