編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
日本株展望

米中冷戦が50年続くとしても、日本株は「買い」と考える理由

ZDNet Japan Staff

2019-10-23 13:11

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. 米中「部分合意」を好感して上昇する日経平均:落とし穴は?
  2. 50年続くかもしれない「米中冷戦」
  3. 冷戦50年でも、日本株は「買い」と考える理由

 これら3点について、楽天証券経済研究所長兼チーフストラテジストの窪田真之氏の見解を紹介する。

米中「部分合意」を好感して上昇する日経平均:落とし穴は?

 11日に米中通商交渉が部分合意に達し、15日に予定されていた米国による対中制裁関税引き上げが見送られてから、日経平均株価は上値抵抗線となっていた2万2000円を抜け、順調に上昇している。

日経平均株価週足:2018年初~2019年10月21日


 ただ、注意すべき点はある。現時点でまだ、部分合意は確定していない。合意文書を作成し、トランプ大統領と習近平国家主席が署名するまで、1カ月以上かかる見通しだ。今回の「部分合意」劇があまりに米国主導だったので、合意文書作成の過程で、中国側が新たに要求を出す可能性もある。そうなると、部分合意の成立に暗雲が漂う可能性もある。

 中国側が問題にしそうなのは、以下2点だ。

(1)米国が12月15日に予定している「対中制裁関税第4弾」(輸入品1600億ドル相当に10~15%の制裁関税をかける)を撤回していないこと。

(2)米国が中国通信大手ファーウェイへの禁輸も解いていないこと。また、10月7日に中国の監視カメラ大手ハイクビジョンなどへの禁輸措置も新たに決定したこと。

 部分合意が正式に調印されても、問題は残る。今回の部分合意は、合意できない問題をほとんど棚上げして、とりあえず「合意」を演出しただけだ。今後、さらに交渉が進展しないと、12月15日に予定されている「対中制裁第4弾」が発動されてしまうことになる。

 筆者は、第4弾の発動もなんとか回避されると予想しているが、予断を許さない。第4弾が発動されると、そこからさらに対立がエスカレートするリスクもある。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. クラウドコンピューティング

    AI導入に立ちはだかる「データ」「複雑さ」「コスト」「人材」の壁をどう乗り切ればいいのか?

  2. クラウドコンピューティング

    【IDC調査】2026年には75%のアプリがAIを実装!導入で遅れた企業はどう“逆転”すべきか?

  3. 運用管理

    経産省調査で明らかに:未だにレガシーシステムを抱える企業が8割!オープン化でよくある課題とは?

  4. 運用管理

    AWS東京リージョンの大規模障害に学ぶ、パブリッククラウド上のシステムの迅速な復旧方法

  5. windows-server

    【ユースケース】ソフトウェア開発にDell EMCインフラ+コンテナを使うメリット

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]