編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

グーグル検索、Flashコンテンツのサポートを2019年内に終了へ

Stephanie Condon (ZDNet.com) 翻訳校正: 編集部

2019-10-29 11:58

 Googleは米国時間10月28日、「Google検索」における「Adobe Flash」のサポートを2019年末までに終了すると発表した。サポートの終了後、Google検索はFlashコンテンツが含まれているウェブページにおける、同コンテンツを無視するようになる。スタンドアローン形式のSWFファイルに対するインデックスの作成も行わなくなる。

 Adobe Systemsは2017年、かつて多くのユーザーに利用されていたFlashのサポートを終了すると発表した。それを受けてGoogleは、2020年末までに「Google Chrome」におけるFlashコンテンツのサポートを完全に終了すると発表していた。Chromeのバージョン76では既にFlashがデフォルトで無効化されている。MicrosoftやApple、Mozillaも自社のブラウザーでFlashを排除する計画を発表している。Microsoftは2019年8月に、「Chromium」ベースの「Microsoft Edge」ブラウザーから同テクノロジーを削除する計画について詳しく説明している。

 GoogleのエンジニアリングマネージャーであるDong-Hwi Lee氏は同社ブログへの投稿で、2013年の後半にはFlashのランタイムが5億回インストールされたと述べ、Flashがかつて広く普及していたことを強調している。

 Lee氏は「Flashよ、君はウェブにインスピレーションを与えてくれた」と記すとともに、「今では君の志を引き継いだHTML5といったウェブ標準が存在している」と続けている。

この記事は海外CBS Interactive発の記事を朝日インタラクティブが日本向けに編集したものです。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]