編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
日本株展望

米国発世界株高--ソフトランディング相場なら、日本は景気敏感株に期待

ZDNet Japan Staff

2019-11-01 10:23

 本記事は楽天証券が提供する「トウシル」の「TOP 3分でわかる!今日の投資戦略」からの転載です。

今日のポイント

  1. リスク回避の後退とソフトランディング期待が株高の背景
  2. 意外?中国のOECD景気先行指数は既に底打ち
  3. 東京市場の株高をリードしているセクターを知る

 これら3点について、楽天証券経済研究所チーフグローバルストラテジストの香川睦氏の見解を紹介する。

リスク回避の後退とソフトランディング期待が株高の背景

 今週の東京市場では、日経平均やTOPIX(東証株価指数)が年初来高値を更新する堅調となった。国内で好材料が続いたわけではなく、外部環境の好転が株高の主因である。

 図表1が示すように、米国市場でリスク回避姿勢を象徴する恐怖指数が低下し、S&P500指数は史上最高値を更新。株式買い意欲が世界市場に広まった結果、出遅れを鮮明にしていた日本株にも買い戻しが及んだ格好だ。

 リスク回避を後退させた具体的な好材料は、米中貿易摩擦の緩和、BREXIT(英国のEU離脱)の延期観測、FRB(米連邦準備制度理事会)の追加利下げ期待などが挙げられるが、景気や業績の底打ち期待も大きいと考えている。

 S&P500指数の構成銘柄のうち304社(約6割)が7~9月期決算を発表した時点で、売上高のサプライズ率(市場予想との平均乖離率)は+0.8%、利益サプライズ率(同)は+4.8%となっている(30日)。「予想より悪くない」から「今四半期を底に2020年は回復に向かう」との見方が株式の買い要因となっている。

 図表2は、米国市場の業績面での「ソフトランディング(軟着陸)期待」を示したものである。市場予想平均で見た、S&P500指数ベースのSPS(1株当り売上高)及びEPS(1株当り利益)は、2020年回復すると見込まれている。金利低下の効果期待と併せ、「先行き(Forward Looking)」を織り込んでいく株式市場の特徴を示しているようだ。

図表1:最高値を更新した米国株が世界株高を主導

*各株価指数は2018年末を100としてそれぞれの推移を比較したもの
出所:Bloombergのデータをもとに楽天証券経済研究所作成(2018年12月31日~2019年10月30日)
*各株価指数は2018年末を100としてそれぞれの推移を比較したもの
出所:Bloombergのデータをもとに楽天証券経済研究所作成(2018年12月31日~2019年10月30日)

図表2:米国市場のソフトランディング(軟着陸)期待

*上記の業績実績と予想(S&P500指数ベース)はBloomberg集計による市場予想平均
*増益率と増収率は前年同期比伸び(%)
出所:Bloombergのデータをもとに楽天証券経済研究所作成(2019年10月30日)
*上記の業績実績と予想(S&P500指数ベース)はBloomberg集計による市場予想平均
*増益率と増収率は前年同期比伸び(%)
出所:Bloombergのデータをもとに楽天証券経済研究所作成(2019年10月30日)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]