編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

グーグルはプログラミング言語「Go」で何を目指しているのか

ZDNet Japan Staff

2019-11-03 08:00

 Googleが「Go」プログラミング言語の野望を実現するための次なるステップを示した。

 「Dice 2019 Tech Salary Report」では、Goが最も稼ぎのよいいくつかの職種と関連があることが分かった。現代のデータセンターで運用のオーケストレーション(統制)を支援する主要なオープンソースツール群がGoをベースとしていることを考えると、これは意外なことではない。そうしたツールには、コンテナー展開プラットフォームの「Docker」やGoogleの「Kubernetes」コンテナー管理ソフトウェアが含まれる。

 GoogleのGoチームの一員であるRobert Griesemer氏は先頃、チームが今でも同言語の最初の目標の達成に向かって努力していることを説明した。

(本記事は、TechRepublic Japanで2019年7月18日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]