PDF Report at ZDNET

ファースト、セカンド、サードのどれにする?--データ活用経営における選択

PDF Report@ZDNet

2019-11-05 07:00

 経営におけるデータ活用の重要性が高まる一方、データの孤立化やデータを活用して戦略を立てられる人材の不足が問題になっている。

 そのため、企業が独自に保有する「ファーストパーティーデータ」、パートナー企業が持つ「セカンドパーティーデータ」、第3者からデータを得る「サードパーティーデータ」を組み合わせて分析するケースが増えている。

 企業のマーケティング活動においては、集客の効率化や優良顧客の囲い込み、離反抑止などを実現する重要なデータとなる。データ分析で浮き彫りになった潜在ニーズを、商品企画、製造や物流、営業活動に活用することも可能だ。

 だが、GDPR(欧州での一般データ保護規則)をはじめとした個人情報保護に関連した規制の強化などによってCookieが使いづらくなるなど、サードパーティーデータへの依存率を低減しようとする動きも出てきている。例えば、ファーストパーティーデータを蓄積する際に、ERP(統合基幹業務システム)やSCM(サプライチェーン管理)も参照できるようにするアプリケーションも出てきている。

 データ活用における参照対象データについての記事を集めた。

ZDNET Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

ホワイトペーパー

新着

ランキング

  1. ビジネスアプリケーション

    【マンガ解説】まだ間に合う、失敗しない「電子帳簿保存法」「インボイス制度」への対応方法

  2. セキュリティ

    企業のDX推進を支えるセキュリティ・ゼロトラスト移行への現実解「ゼロトラスト・エッジ」戦略とは

  3. 経営

    2023年データとテクノロジーはどう変わるか 分析プラットフォームベンダーが明かす予測と企業戦略

  4. セキュリティ

    リモートワークで浮き彫りとなった「従来型VPN」、課題解決とゼロトラスト移行を実現する最適解

  5. セキュリティ

    第2世代EDRはココが違う 「自動化」でエンドポイントセキュリティの運用負荷・コストを削減

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNET Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]