編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方

NEC、顧客のDX実現に向けたコンテナーサービスを強化

NO BUDGET

2019-11-07 13:09

 NECは「NEC Cloud Solutions」の強化の一環として、コンテナーアプリケーションとその開発/活用プラットフォームを拡充し、国内で初めてコンテナーの配置・展開から運用までを一貫して支援するマネージドサービスを提供する。

 具体的には、コンテナー技術「Kubernetes」を用いたコンテナープラットフォームサービスとNECのコンテナーアプリケーションのラインアップ・運用支援体制を強化し、2020年4月に順次提供開始する。

 同社では、これらのサービス提供によりコンテナーアプリケーションを活用した顧客の業務システムのデジタル変革実現を推進し、ビジネス成功の加速に貢献できるとしている。

NECのコンテナープラットフォーム(出典:NEC)
NECのコンテナープラットフォーム(出典:NEC)
NEC Cloud Solutionsの強化(出典:NEC)
NEC Cloud Solutionsの強化(出典:NEC)

 サービス強化では、レッドハットとの連携を強化することで、「Red Hat OpenShift Container Platform 4」を用いたシステム構築・運用を確立し、マルチクラウド環境での提供を2020年4月から開始する。またヴイエムウェアとハイブリッド/マルチクラウド環境での連携を強化する。VMware Enterprise PKSを用いたNEC Cloud IaaS物理サーバラインアップの拡充や、VMware Cloud on AWS上でのコンテナーアプリケーション稼動環境の構築・運用の確立、VMware Bitnamiを用いたコンテナーデリバリサービスの構築・運用をマルチクラウド環境で提供することなどを目指す。

 NECのコンテナーアプリケーションのラインアップ強化では、同社の生体認証「Bio-IDiom」の6つの生体認証技術(顔認証、指紋・掌紋認証、虹彩認証、指静脈認証、声認証、耳音響認証)を活用したコンテナーアプリケーションのラインアップを強化する。その第一弾として顔認証技術から2020年4月以降順次提供していく。また、データ活用の一連の業務プロセスを支援し、業務とデータを統合的に管理する機能群のコンテナーアプリケーションも順次提供していく。

 さらに「Kubernetes」を用いたモダナイゼーションやサービス・アプリケーション開発を支援する体制の強化も行う。具体的には、NECのシステムインテグレーションやマネージドサービス構築・運用の経験に基づいた方法論に従って、マルチクラウドやコンテナープラットフォームの活用を支援する。これに伴い、コンテナー技術領域の高度人材を2020年度末までに500人育成することを目指す。

 

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]