編集部からのお知らせ
解説集:台頭するロボット市場のいま
解説集:データ活用で考えるデータの選び方
日本株展望

日経平均2万3000円超え--「裁定買い」で上昇の2020年の景気回復視野に - (page 2)

ZDNet Japan Staff

2019-11-11 10:20

「裁定買い」が日経平均を押し上げ

 日経平均の上昇には、需給要因とファンダメンタルズ(景気・企業業績)要因の2つが絡んでいる。

 ファンダメンタルズ面では、2020年4月くらいから世界景気回復が見込まれるようになったことが好感されている。経験則では、株は景気循環を半年~1年先取りして動くので、2020年4月から景気回復と考えるならば、2019年の秋から世界的に株が上昇しているのは納得がいく。

 2020年、5G(第5世代移動体通信)、半導体の投資が世界的に盛り上がる見込みである。また、米中貿易戦争が一時休戦となれば、中国で人為的に押さえられている設備投資が復活し、世界的な景気回復につながると考えている。

 秋からの日経平均上昇には、需給要因も関与している。投機筋(主に外国人)の日経平均先物の空売りポジションが高水準に蓄積しており、日経平均の上昇が続く中で、損失確定の買い戻しを迫られている可能性がある。投機筋の日経平均先物買い戻しが、裁定買いを誘い、日経平均上昇につながっている。先週の日経平均上昇は、空売り筋の先物買い戻しが大きく影響したと考えている。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]