編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

三井物産、国内ERPを「SAP S/4HANA」へ移行--来夏の本番稼動を予定

NO BUDGET

2019-11-13 16:30

 三井情報(MKI)は、三井物産の統合基幹業務システム(ERP)を「SAP ERP」から「SAP S/4HANA」に移行するプロジェクトを開始した。現在、国内拠点とグループ会社9社の約8000人が利用している。

 今回は、アドオンを含む既存環境で稼働している機能をそのままSAP S/4HANAへ移行させる「コンバージョン方式」で移行する。利用環境は、プライベートクラウドからMicrosoft Azureへ移設し、2020年夏の本番稼動を予定している。

 移行は、MKIが主体となり、SAPが提供する最上位のサポートサービス「SAP MaxAttention」とともに、約10カ月での効率的な移行を目指す。

移行概要図(出典:三井情報)
移行概要図(出典:三井情報)

 三井物産では、2018年9月にシステム刷新の第一弾として、約40カ国・3500人が利用する海外拠点のSAP ERPをSAP S/4HANAへ移行するプロジェクトを進めてきた。今回の移行はシステム刷新の第二弾となり、三井物産の国内拠点とグループ会社が利用するSAP ERP 6.0をSAP S/4HANAへ移行する。

 MKIは、今回の大規模移行プロジェクトで得られた知見を生かし、SAP ERPからSAP S/4HANAへの移行を検討する企業を支援していく。

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]