編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

自動車事故のAI自動修理見積サービスが提供開始--最短30秒で金額を表示

NO BUDGET

2019-11-15 17:23

 オプト、損保ジャパン日本興亜、イードリーマーは、人工知能(AI)を活用してリアルタイムに自動車事故での概算の修理金額を見積る「SOMPO AI修理見積」サービスを共同開発し、提供を開始した。

 同サービスは、損保ジャパン日本興亜のLINE公式アカウントで提供する「事故対応サービス」から利用できる。この種のサービス実用化は業界初という。オプトが提供するLINEのMessaging API配信ツール「TSUNAGARU」を利用して、チャットシステムへの搭載を実現した。

 これまで自動車の修理金額を見積もるには、修理工場への持ち込みや保険会社の事故担当者による立会調査が必要で、修理金額の確定に事故受付から1〜2週間程度の時間がかかっていた。だが今回開発したサービスを利用することで、ユーザーは損害箇所の画像撮影から約30秒で概算修理金額を確認でき、保険金の支払い手続きも最短30分程度に短縮される。

 同サービスではLINEでの事故連絡受付後、事故状況に応じて同サービスがチャット上に自動送信される。ユーザーが損害箇所を選択して撮影を行い、撮影後にAIが画像データから概算修理金額を算出する。撮影した画像と概算修理金額は事故担当者へ送信され、事故担当者は画像や概算修理金額をもとに、支払い対象となる保険金をチャット上で知らせる。

 損保ジャパン日本興亜では今後、火災保険の家屋の損害においてもAIによる保険金の算出サービスを提供することを検討していく。またAI修理見積もりにより事故受付後、保険金の支払額を自動算出することで、瞬時にユーザーへの入金まで完結するサービスの実現も目指している。

 

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]