編集部からのお知らせ
解説:広がるエッジAIの動向
Check! ディープラーニングを振り返る

ウェブを使いやすく--「JavaScript」の影響を最小限に抑える

ZDNet Japan Staff

2019-11-16 08:00

 「JavaScript」は最新のウェブの中核的コンポーネントである。したがって、その動作に何らかの改良が加わると、ウェブサイトやアプリの使いやすさに影響があるのを実感できることがある。

 Googleの「Chrome」担当エンジニアリングマネージャーを務めるAddy Osmani氏は、ウェブブラウザの読み込み速度にJavaScriptが及ぼす影響を最小限に抑えるヒントをまとめた。

 同氏の重要なメッセージは、JavaScriptのダウンロードと実行にかかる時間こそ、同スクリプト言語をサイトに追加する際に考慮すべき最も重要な因子だということだ。

(本記事は、TechRepublic Japanで2019年8月8日に掲載した記事からの転載です。続きはTechRepublic Japanでお読みいただけます)

ZDNet Japan 記事を毎朝メールでまとめ読み(登録無料)

Special PR

特集

CIO

モバイル

セキュリティ

スペシャル

NEWSLETTERS

エンタープライズ・コンピューティングの最前線を配信

ZDNet Japanは、CIOとITマネージャーを対象に、ビジネス課題の解決とITを活用した新たな価値創造を支援します。
ITビジネス全般については、CNET Japanをご覧ください。

このサイトでは、利用状況の把握や広告配信などのために、Cookieなどを使用してアクセスデータを取得・利用しています。 これ以降ページを遷移した場合、Cookieなどの設定や使用に同意したことになります。
Cookieなどの設定や使用の詳細、オプトアウトについては詳細をご覧ください。
[ 閉じる ]